世界数学者大会閉幕…韓国数学の課題は?(1)

世界数学者大会閉幕…韓国数学の課題は?(1)

2014年09月02日15時47分
[ⓒ 中央SUNDAY/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
数学記号を絵画に入れて現代社会の複雑性を表現したフランスの作家ベルナール・ブネの作品が国立現代美術館で来年1月11日まで展示される。
  韓国で初めて開かれた世界数学者大会が、約120カ国から5000人余りの数学者が参加した中で21日幕を下ろした。4年ごとに開かれるこの大会は世界最高水準の学者たちが一堂に集まる数学者のオリンピックと呼ばれる。数学者にとって最高の栄誉であり数学界のノーベル賞と呼ばれるフィールズ賞を授賞する。今年は韓国初の女性大統領・朴槿恵(パク・クネ)、国際数学連盟初の女性会長イングリッド・ドブシー、最初の女性フィールズ賞受賞者マリアム・ミルザハニの3人が並んで開幕式の演壇に立ち、男性たちで埋まった国際数学界に前例のない光景を演出した。多くのイシューを残した数学者大会のあれこれをのぞき見ながら、大会が残した課題を探ってみる。

  「数学は独創的で美しい。そしてあらゆる所に存在する」(フィリップ・グリフィス教授、「チャーン賞」受賞者)、「数学は芸術。なぜという質問を投げて、(答えを探すのに)芸術家のようにアプローチしなければならない」(マンジュル・バルガヴァ教授、「フィールズ賞」受賞者)。今年の数学者大会受賞者の言葉だ。数学は憂鬱だ。理解し難く頭が痛いという先入観のために、近付くことさえ敬遠する人が多い。ところが数学は世の中を理解する普遍的な言語で、不確かな世の中で創意的な答を出す道具だ。

  世界数学者大会が開かれた期間、国立現代美術館では絵画・彫刻・デザイン・ニューメディア・サウンド・建築工学・映画など多様なジャンルで数学化された世の中を眺めた作品を展示した。数学的記号と絵画・彫刻を組み合わせて現代の複雑性を表現したフランスの作家ベルナール・ブネの大型壁画作品は多くの人々の目を引いた。数学者であり映画監督であるエカチェリーナ・エレメンコは「多くの人に数学は抽象的でなかなか親しくなることはできない学問だが、私たちが生きるこの世界を表現する別の言語であるだけ」と話した。

  工学・ビジネス分野の数学研究の成果を表彰する「ガウス賞」受賞者のスタンリー・オッシャー教授は「数学は実生活で使われる時、さらに美しい」と話した。特定物体の動きを数学的に記述する「等位集合」方法は彼の代表的な業績だ。映画『ハリーポッターと炎のゴブレット』で龍が吹きだす火炎、『アナと雪の女王』の吹雪のような生き生きとした視覚効果は等位集合という数学の成果をもとに作られた。

  ソウル大学数学教育科のクォン・オナム教授は「数学は既存の規則性を発見して活用するだけではなく、新しい規則性を作って美術・音楽・建築など多くの分野に応用して新しい秩序と美しさを創造してきた」と話した。(中央SUNDAY第390号)

世界数学者大会閉幕…韓国数学の課題は?(2)
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事