豪裁判所「アップルは三星による被害を立証するべき」

豪裁判所「アップルは三星による被害を立証するべき」

2011年09月08日08時34分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  三星(サムスン)の「ギャラクシータブ」がアップルの「iPad」の売り上げに及ぼした影響が数値として公開されるのか注目されている。アップルが起こした「ギャラクシータブ10.1」の特許侵害訴訟を担当するオーストラリア・シドニー連邦裁判所の判事が、「アップルの主張が力を得るには『iPad』が『ギャラクシータブ』により米国・英国で被った売り上げ被害を数値で証明しなければならないだろう」と話したためだ。

  アップルは、三星が「iPad」を模倣した「ギャラクシータブ10.1」を作り「iPad」の販売に影響を及ぼしているとし、オーストラリアでこれの販売禁止を求める内容の訴訟を7月にこの裁判所で起こした。これに対し三星電子は「iPad」の米国・英国での売り上げを公開するようアップルに要求した。「iPad」が「ギャラクシータブ」のために被害を受けたと言うならば、これを実際の販売数値を公開して立証すべきということだ。

  ブルームバーグはシドニー連邦裁判所の判事が「アップルから販売数値を強制的に受け取りはしない」として三星電子の要請を断ったと6日に報道した。判事はしかし、「アップルがこれを数値で立証できないならば『iPad』が『ギャラクシータブ』のために被害を受けたと結論を出すのは困難だろう」と話した。数値を出すよう強要はしないが、アップルが裁判での勝利を望むなら自発的に公開した方が良いという意味だ。

  「ギャラクシータブ」の発売が「iPad」の販売に及ぼした影響が明らかになったことはない。三星側弁護人はこの法廷で、「アンドロイド機器を望む人たちが『ギャラクシータブ』を購入しただけ」とし、「ギャラクシータブ」と「iPad」の売り上げは関係がないと主張している。アップル側弁護人は「アップル製品と機能と形が類似している三星の製品がアップルの売り上げを奪うだろう」と反論している。今回の判事の発言によりアップルはこの主張を証明するために「iPad」と「iPad2」の販売数値を公開しなければならないという負担を抱えることになった。

  三星電子は8月に「ギャラクシータブ10.1」のオーストラリアでの発売を計画していたが、アップルが訴訟を提起したことから判決が下るまで発売を先送りした状態だ。先月に裁判所が事件審理を9月26日に延期しており、販売保留期間はさらに延びている。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事