パク・サンア、全斗煥元大統領の孫娘を出産

パク・サンア、全斗煥元大統領の孫娘を出産

2008年05月05日10時58分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
  



  女優パク・サンアが2日に、第二子となる女児を出産した。

  全斗煥(チョン・ドゥファン)元大統領次男の妻、パク・サンアは同午前7時ごろ、ソウル松坡区風納洞(ソンパグ・プンナプトン)の峨山(アサン)病院で、3.14キロの元気な女児を産んだ。

  パク・サンアは全斗煥元大統領の次男、在庸(ジェヨン)さんと米国で暮らしていた05年に長女を生んだ。07年5月に在庸さんとともに帰国して韓国での生活を始めており、昨年7月、京畿道坡州(キョンギド・パジュ)で挙式した。

  

  

  
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事