<W杯>韓国、初めて日本より劣る成績か

<W杯>韓国、初めて日本より劣る成績か

2018年06月25日16時05分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  初めて日本より低い成績で終わるのだろうか。サッカーのロシアワールドカップ(W杯)に出場した韓国代表と日本代表の明暗が分かれている。

  日本は25日、ロシアのエカテリンブルク・アリーナでグループリーグH組第2戦を行い、セネガルと2-2で引き分けた。第1戦で南米の強豪コロンビアに2-1で勝利した日本はこれで1勝1分けとなった。日本はセネガルに先制ゴールを許したが、前半34分に乾貴士が同点ゴールを決めた。また、1-2とリードされていた後半33分には交代投入された本田圭佑が得点し、同点に追いついた。本田は安貞桓(アン・ジョンファン)、朴智星(パク・チソン)、ティム・カーヒル(豪州)、サーミー・アル=ジャービル(サウジアラビア)を抜いてアジア選手のW杯通算最多得点選手(4得点)になった。

  これまでのW杯本大会で韓国は成績で日本を下回ったことがない。日本は初めて本大会に出場した1998フランスW杯ではグループリーグ3敗で敗退した。韓国もグループリーグ4位(2敗1分け)に終わったが、第3戦でベルギーと1-1で引き分けて勝ち点1を獲得した。2002年韓日W杯では開催国のアドバンテージを生かしてともに決勝トーナメントに進出した。しかしトーナメントでの結果は違った。日本は16強でトルコにPK戦で敗れて脱落した一方、韓国はイタリア、スペインに勝って4強まで進出した。

  2006ドイツW杯では両国ともに決勝トーナメントに進出できなかった。しかし韓国は1勝1敗1分けで組3位となり、日本は2敗1分けで4位だった。2010南アフリカW杯ではまた同時に決勝トーナメントに進出したが、南米の強豪ウルグアイとパラグアイの壁を越えることができず共に8強に届かなかった。2014ブラジルW杯では1勝もできずに敗退した。

  今回のW杯では日本が韓国より良い成績を出す可能性が高い。韓国はすでにグループリーグで2連敗し、敗退する可能性が高い。W杯が本大会32カ国体制に変わった後、2敗後に決勝トーナメントに進出したケースは一度もない。一方、日本は敗退が確定したポーランド(2敗)と対戦する。引き分けても組2位を確保する。ポーランドに勝てば組1位も可能だ。

  大会前、日本の雰囲気は良くなかった。本大会開幕を2カ月後に控えてボスニア・ヘルツェゴビナ出身のヴァヒド・ハリルホジッチ監督が解任された。西野朗技術委員長が突然チームを引き受けることになった。本田圭佑(32)、香川真司(29)などベテラン選手がチームに復帰し、「おっさんジャパン」とも呼ばれている。しかし香川が1得点、本田が1得点1アシストをマークして不振を払拭した。8年ぶりに決勝トーナメントに進出する可能性も高まった。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事