家計負債992兆ウォン…年内に1000兆超える見通し=韓国

家計負債992兆ウォン…年内に1000兆超える見通し=韓国

2013年11月22日10時12分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  家計負債が年内に1000兆ウォン(約95兆円)を超える見通しだ。22日、韓国銀行(韓銀)が発表した「7-9月期の家計信用」によると、9月末基準の家計信用は991兆7000億ウォンだった。3カ月前より12兆1000億ウォン増えた。家計信用は、家計が銀行と各種機関から借りた融資金(家計融資)にクレジットカードで買掛購入した金額(販売信用)を合算したものだ。

  家計信用の大部分を占める家計融資(937兆9000億ウォン)は、7-9月期に11兆6000億ウォン増えた。増加速度は4-6月期(17兆1000億ウォン)より鈍化した。取得税の減免が6月末で終了し、銀行の住宅担保融資がそれほど行われなかったためだ。銀行融資の増加幅は、前分期8兆3000億ウォンから7-9月期には2兆1000億ウォンと大幅に縮小した。

  半面、貯蓄銀行・相互金融のような非銀行預金機関や、証券会社・保険会社・貸金業者などその他金融機関からの融資額の増加幅(9兆6000億ウォン)は前分期(8兆8000億ウォン)よりかえって拡大した。韓銀関係者は「秋学期を迎え、韓国奨学財団が学資金の融資を増やした影響が大きい」と話した。

  引越しシーズンが重なったうえに、年末資金の需要が多い10-12月期は、通常、融資が増える傾向にあるため、年内の家計負債は1000兆ウォンを超えるものとみられる。過去5年間における10-12月期の平均家計負債増加額は21兆4000億ウォンだった。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事