韓国政府「GM、一方的な工場閉鎖に残念…客観的な実態調査進める」

韓国政府「GM、一方的な工場閉鎖に残念…客観的な実態調査進める」

2018年02月13日13時50分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  韓国政府がGMの韓国GM群山(クンサン)工場の閉鎖決定に対して遺憾を表わし、経営正常化に向けた客観的で透明な実態調査を進める方針だと伝えた。

  13日、政府はコ・ヒョングォン企画財政部第1次官が関係会議を開いて「GM側の一方的な群山工場の生産中断および閉鎖決定に深い遺憾を表明する」と強調した。

  政府は「その間韓国GMの進行状況を綿密にモニタリングして情報を共有してきた」として「経営状況を明確に把握するために客観的で透明な実態調査を進めることができるよう産業銀行がGM側と協議していく予定」と話した。

  政府は雇用と地域経済などに及ぼす影響を考えてGM側とも韓国GMの経営正常化案を引き続き協議する計画だ。

  政府は「GM側も世界をリードする企業として韓国GMの経営正常化のために責任ある姿勢で韓国政府および利害関係者と誠実に協議することを期待する」と強調した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事