スターバックス「類似商標」訴訟、国内企業の勝ち

スターバックス「類似商標」訴訟、国内企業の勝ち

2007年01月12日11時52分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  

スターバックス(左)のロゴとエルプレヤのロゴ



  多国籍でコーヒー関連事業を展開するスターバックスが、国内企業のエルプレヤの商標が自社商標と似ているとして起こしていた類似商標訴訟で、最高裁判所は国内企業に軍配を上げた。

  最高裁(裁判長ヤン・スンテ最高裁判事)は、スターバックスが「類似商標の登録を取り消してほしい」とし、韓国コーヒーチェーン企業であるエルプレヤを相手に起こした商標登録無効請求訴訟の上告審で、原告の敗訴判決を下し、原審を確定したと12日、明らかにした。

  裁判所は判決文で「スターバックスとエルプレヤの商標またはサービス標は見た目も呼称も全体的に似ていない」と判示した。

  裁判所はまた「スターバックスが該当の商標を活用した営業活動期間および広告の方法、回数などを合わせて見た場合、エルプレヤは登録商標が出願されるまでスターバックス商標が国内で著名な状態だったと断定することはできない」と付け加えた。

  スターバックスは2003年12月、特許審判院に「エルプレヤが使う『スタープレヤ』という商標が『スターバックス』に似ており、ロゴも似ていることから権利を侵害された」と登録無効を請求したが「類似商品とは見られない」という理由で拒否されると訴訟を起こした。

  抗訴審を担当した特許裁判所も2005年3月「二つの商標の『スター』部分は一般的単語で、識別力が弱く、ロゴもスターバックスは『人魚姫』である一方、エルプレヤのロゴは『女神』であり、類似商品とは見られない」と原告敗訴の判決を下していた。

  
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事