俳優ソ・ジソブのパワー…ドラマ『私の後ろにテリウス』、日本などに版権輸出

俳優ソ・ジソブのパワー…ドラマ『私の後ろにテリウス』、日本などに版権輸出

2018年10月30日13時10分
[ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
ソ・ジソブ
  MBCが「ソ・ジソブ効果」をしっかりと得ている。

  あるドラマ局関係者は29日、韓国日刊スポーツに「MBCドラマ『私の後ろにテリウス』の版権が日本と台湾、米国をはじめとする多くの国に売れた」と打ち明けた。

  日本の場合、韓流がやや停滞する状況だが1話当たり約14万ドルで輸出に成功しており目を引く。ある関係者は「最近の日本では韓流俳優の活躍が見当たらない。韓流市場がやや停滞している。日本市場で関心があり高い価格で版権が売れる俳優といえば、若手俳優ではパク・ボゴム、パク・ソジュン程度」と話す。その中で、ソ・ジソブは同年代の俳優が韓流市場から姿を消している渦中で堅固な韓流の力を見せている。日本ではKNTVを通じて12月から放映される予定だ。

  『私の後ろにテリウス』は台湾にも1話当たり約5万ドルで版権を売った。米国にはドラマ全体を約10億ウォンで売ったという。ソ・ジソブの韓流パワーがどの程度なのか推測させる。

  これと関連し、MBC海外流通事業部は「日本と台湾に最近になり良い価格で販売されたのは事実」と明らかにした。だが具体的な金額に対しては言及に慎重さを見せた。

  ソ・ジソブは作品開始前後の姿が違い、「入金前後が異なる俳優」に挙げられる。それだけ作品に入る前に徹底して自己管理をすることで有名だ。今回も上半期から『私の後ろにテリウス』への出演を確定し、国家情報院のブラック要員キム・ボン役をこなすために徹底したダイエットと運動、キャラクター分析に入った。

  2年ぶりに復帰する作品だが主演俳優として興行に対する負担が大きくなるほかないだろう。だがこうした心配と懸念を一気に吹き飛ばし、『私の後ろにテリウス』は初放映当日を除き水木ドラマ1位を走っている。真摯なブラック要員と見かけ倒しのベビーシッターを行き来するソ・ジソブの魅力が笑いを伝えると同時にチョン・インソンとの粘りつくケミストリーが人気を牽引している。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事