釜山でMERS患者か…サウジアラビアから帰国の女性を隔離

釜山でMERS患者か…サウジアラビアから帰国の女性を隔離

2018年07月31日07時51分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
2月、中東呼吸器症候群(MERS)感染が確認された大邱市(テグシ)大明3洞の住民センターの公務員(52)が健康状態が悪化し、治療を受けていた大邱医療院から慶北大病院に移されている。(写真は記事と関係ありません)(中央フォト)
  最近サウジアラビアから帰国した20代の釜山(プサン)地域の女性が中東呼吸器症候群(MERS)に感染した疑いがあり、保健当局が精密調査をしている。

  釜山市は、29日午後に国家指定隔離病床がある釜山A病院に行ったB(25、女性)にMERS感染の疑いがあり隔離措置が取られたと30日、明らかにした。

  市の関係者によると、今年2月にサウジアラビアに出国したBは現地の病院で勤務し、今月26日に入国した。Bは帰国2日後の28日からのどが痛くなり、29日晩から寒気がして病院に行ったという。

  釜山市は「感染が疑われる患者は医療関係者で、症状の発生後は外出を自制し、密接接触者は家族3人だけ」とし「2回の検査で感染したかどうかを判断し、決定が出るまで、モニタリング実施など事態を注視している」と伝えた。

  MERSは2015年に韓国国内で186人の感染が確認され、38人が死亡した呼吸器感染病。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事