韓国議員142人、日本平和憲法第9条のノーベル賞推薦署名運動

韓国議員142人、日本平和憲法第9条のノーベル賞推薦署名運動

2015年01月21日14時34分
[ⓒ 中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  韓国与野党の国会議員142人が日本平和憲法第9条を「ノーベル平和賞」に推薦する。

  新政治民主連合の元恵栄(ウォン・ヘヨン)議員とセヌリ党の李柱栄(イ・ジュヨン)議員は21日の記者会見を通じて、先月30日から今月20日まで「日本平和憲法第9条のノーベル平和賞推薦署名運動」を推進して与野党議員142人の署名を集めたことを明らかにした。

  今回の署名運動は記者会見に姿を見せた元議員と李議員のほかにも新政治民主連合の李鍾杰(イ・ジョンゴル)議員、セヌリ党の陳永(チン・ヨン)議員が主軸をなしている。

  彼らは同日の記者会見で「安倍晋三首相が集団的自衛権行使の方針を公式化したことに続き、最近では平和憲法の改正意志を強く表明するなど右傾化の動きを継続している」とし「これは日本平和憲法第9条を無力化し、国際社会に示した反省と平和の約束を破るという宣戦布告と同じ」と明らかにした。

  続いて「韓国国会は、国際社会の責任ある一員として日本平和憲法第9条を守ることこそが日本や韓半島(朝鮮半島)だけでなく北東アジアと国際平和を守るという認識の下、現実的かつ実践的な代案としてノーベル平和賞の推薦署名運動を推進してきた」と伝えた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事