<アシアナ機着陸失敗>切羽詰まった機長の声…安全着陸アナウンスの直後

<アシアナ機着陸失敗>切羽詰まった機長の声…安全着陸アナウンスの直後

2013年07月08日09時56分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  せっかくの家族5人の米国旅行。しかし戻れなくなるところだった旅行を振り返りながら、ハン・ボウンさん(女性)の家族は胸をなで下ろした。

  ▼午前11時24分=窓からは、飛行機が低く飛びながら、サンフランシスコ国際空港を通り過ぎ、また戻る状況が見えた。機長の説明はなかったが、「大したことではないのだろう」と思った。「着陸準備中」という案内放送を聞きながら窓の外を見ていたが、「滑走路の周囲の海がとても近い」という感じがした。

  ▼午前11時27分=「着陸速度が速すぎるのでは…」と思った瞬間。ドンという鈍い轟音が聞こえた。明らかに車輪が滑走路に着く音ではなかった。同時に機体が左右で激しく揺れた。安全ベルトをしていなければ座席から弾き飛ばされるほどだった。続いて機内の荷物が頭の上から落ちてきた。「状況は深刻だ、間違いなく事故が起きた」と思ったが、「安全に着陸したので心配しないでほしい、席を立たないでほしい」という放送があった。

  ▼午前11時28分=呼吸できないほど機内が白い煙が広がり、各座席の酸素マスクが落ちてきた。すぐにも飛行機が爆発しそうな恐怖を感じた。その時、機長から緊急の案内放送があった。「非常脱出!非常脱出!」

  ▼午前11時30分=飛行機は完全に停止し、非常口が開かれた。安全ベルトを外すと、乗客は脱出しようと叫びながら非常口側に殺到し始めた。非常口に向かう間、煙の間で頭から血を流して座っている人たち、家族の名前を呼びながら泣き叫ぶ人たちなど、混乱状態だった。

  ▼午前11時31分=非常口に来た。飛行機が非常着陸した時に出ると思っていたスライドはなかった(左側2個の非常口ではスライドがあった)。そのまま飛び降りなければならない状況。機体が高いので、私たちは乗務員の案内で折れた飛行機の翼の間に飛び降りた。機体からは白い泡の油が流れ出ていた。私たちは火が移って爆発するのではと心配しながら、できるだけ飛行機から遠ざかった。

  ▼午前11時35分=200メートル以上走った後、後ろを振り返ると、機体の反対側の翼の部分から真っ黒な煙が上がっていて、消防車が次々と到着していた。しばらくすると機体の右側に火が見え始めた。

  ▼午前11時45分=脱出した乗客は滑走路のそばの芝生に集まり、消防署員の指示に従った。消防署員はけが人を救急車に運んだ。けががない人たちは地面に座って後続措置を待った。その後、火がますます広がり、飛行機の天井部分がすべて燃えた。約2時間ほどその場で待機した。

  ▼午後1時30分=空港に準備された乗客家族の控え室。軽傷で病院に行く必要がない一部の乗客が控え室に入り始めた。最初に控え室に入ってきたスタンフォード大のキム・ヨンフン教授(43)は裸足だった。キム教授も「ランディングギアが出る音が聞こえ、着陸すると思っていたが、速度があまりにも速い感じだった」と話した。病院に運ばれた人を除いた乗客は2つの控え室に分かれた。吐き気や寒気で家に帰りたいと訴えたが、空港関係者と警察側は「テロの可能性も排除できないので、FBIの調査が終った後に帰宅できる」と話した。控え室では、サンフランシスコ救世軍サンハン韓人教会の関係者が毛布を配り、通訳を担当した。控え室に入った乗客は連邦捜査局(FBI)の調査を受けるために順に呼ばれた。

  ▼午後5時=FBI関係者が控え室の家族を乗客がいる別の控え室に移動させた。

  ▼午後6時=家族はユナイテッドクラブのラウンジで会った。待機してから約5時間後だった。病院に運ばれた妻のところにも行けず、長い間小学生の娘2人を待っていたカン・ビョングさんは「家族が無事であることだけでも感謝している」と娘を抱きしめながら涙を浮かべた。水1杯も飲まず5時間ほど待った70歳代の女性も、息子を抱きしめて顔をなでながら「アイゴ(ああ)、私の息子」を連発した。

  ▼午後6時30分=乗客と家族が空港関係者の案内で取材陣を避け、国内線の出口から出て帰宅した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事