戦争脅迫の北朝鮮、先週サイバーテロ暗示

戦争脅迫の北朝鮮、先週サイバーテロ暗示

2013年03月21日10時18分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  KBS(韓国放送公社)・MBC・YTNなど韓国主要報道機関と銀行のシステム障害の原因と関連し、韓国政府は北朝鮮のサイバーテロの可能性を排除していない。政府当局者は「現在まで北朝鮮のサイバー攻撃という決定的な証拠はなく、予断するのは難しい」と述べながらも、「最近の北朝鮮の威嚇発言などを考えれば、韓国社会を混乱させるために北朝鮮がした可能性がある」と述べた。

  北朝鮮官営朝鮮中央通信は15日、声明を発表し、「わが共和国のインターネット奉仕機(サーバー)に対し、集中的かつ執拗なウイルス攻撃が連日敢行されている」とし「われわれはこれを、全面対決戦に入った朝鮮の超強硬措置に驚いた敵対勢力の粗末で卑劣な行為と断定する」と主張した。続いて「こうしたサイバー攻撃は、米国をはじめとする敵対勢力が発狂的に行っているキーリゾルブ合同軍事演習と時期が一致する」とし「われわれは反共和国圧殺策動の一環である敵のサイバー攻撃が極めて無謀で厳重な段階に達したことに対し、決して傍観しない」と伝えた。

  実際、13、14日の労働新聞など北朝鮮の8つのインターネットサイトがまひしたと、情報当局は把握している。しかし韓国軍や米国は北朝鮮に対するサイバー攻撃を直ちに否定し、北朝鮮がサイバー攻撃の名分を得るために自作劇を行ったのではないかと観測してきた。

  その間、北朝鮮は韓米連合訓練のキーリゾルブ演習を口実に、ワシントンとソウルに核兵器を精密打撃すると脅迫しながら緊張を高めてきた。元山に軍と装備を集結させ、最近は西海(ソヘ、黄海)と東海(トンヘ、日本名・日本海)で砲射撃訓練とミサイル試験発射を行った。

  しかし韓米両国軍隊が戦時と似た対応体制を整えているうえ、19日には核兵器を搭載した米空軍B52戦略爆撃機が韓半島で訓練を実施し、軍事的な行動をとるのは容易でなかったというのが、韓国軍関係者の判断だ。このため北朝鮮が言葉で軍事的行動を云々しながら戦争の雰囲気を形成した後、実際には物証を得るのが難しいサイバー攻撃を敢行する作戦を実行したのではという分析が出ている。

  ちょうど20日は事実上、キーリゾルブ演習の最終日だった。キーリゾルブ演習に脅迫的な発言をした北朝鮮としても、何か行動で見せる必要性がある時点だった。北朝鮮外務省報道官はこの日、「B52爆撃機が(韓半島に)また展開する場合、軍事的な行動をとる」と述べたが、北朝鮮軍は特別な動きを見せなかった。匿名を求めた国策研究機関の研究委員は「北朝鮮は軍事的挑発という負担になる選択より、攻撃者を確認するのに時間がかかり、相手に苦痛と被害を与えられるが反撃されにくいサイバー攻撃を選択した」と述べた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事