T-ARA所属事務所代表「ファヨンが謝れば復帰も考慮」

T-ARA所属事務所代表「ファヨンが謝れば復帰も考慮」

2012年07月31日11時59分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
T-ARA(ティアラ)のファヨン(写真=本人のツイッター)。
  T-ARA(ティアラ)の所属事務所コアコンテンツメディアのキム・グァンス代表が30日、ツイッターで、「ファヨンが自分の行動について謝罪すれば、T-ARA復帰の可能性についてメンバーやスタッフと話し合う」という立場を表した。

  しかし「その前(ファヨン復帰をめぐる議論が行われる前)にファヨンが自分がした行動を認めて、責任を受け入れることが重要だ」という前提を付けた。

  キム代表は同日午前、「これ以上つらい思いをするスタッフがいてはならないという思いで熟慮して出した結論」と述べ、ファヨンの契約解約を公式宣言した。

  しかしこうした発表直後に生じた「T-ARAに真実を要求します」というコミュニティーの会員数は25万人を超えるなど、波紋は広がっている。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事