香港旅行中に家族殺害容疑の韓国人、拘置所で自殺

香港旅行中に家族殺害容疑の韓国人、拘置所で自殺

2018年04月16日15時59分
[ⓒ 中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  香港旅行中に妻と息子を殺害した容疑で逮捕された韓国人の男が拘置所の中で首をつって死亡したと、香港メディアが16日報じた。

  サウスチャイナモーニングポスト(SCMP)などによると、香港ライチーコック拘置所に収監されていた韓国人の男A(42)がこの日午前8時53分ごろ、拘置所内の独房で首をつった状態で発見された。

  Aは1月14日午前7時、韓国にいる友人に電話をし、「事業に失敗して追い込まれている」とし、家族ともに自殺しようとしていると伝えた。これを聞いた韓国人の友人が申告し、香港の警察が出動したが、すでにAの妻と7歳の息子は刃物で刺されて死亡していた。

  殺人容疑で現場で逮捕されたAはその後、警察の尋問と裁判の過程で「酒に酔っていて思い出せない」という主張をしていたという。

  駐香港韓国総領事館は香港当局と協力してAの正確な死因などを調べ、遺族と協議して遺体引き渡し手続きを進める方針だ。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事