<平昌五輪>「女子アイスホッケー、メダルには遠いから…」合同チームにしてもいいという李首相

<平昌五輪>「女子アイスホッケー、メダルには遠いから…」合同チームにしてもいいという李首相

2018年01月17日08時40分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  李洛淵(イ・ナクヨン)首相が平昌(ピョンチャン)冬季五輪の女子アイスホッケーで南北が合同チームを構成するのに特に問題はないとの立場を明らかにした。16日の記者団との昼食懇談会でのこと。

  李首相はこの日、「(アイスホッケーは)選手が競技全体に出場するのではなく1~2分ずつ交代しながら出場する。北朝鮮の選手が韓国の選手たちのクォータを奪うのではなく選手団の規模が大きくなるということで協議できるのではないか」と話した。李首相は現在23人である韓国チームに5人ほどの北朝鮮選手を追加する案を取り上げ、「(北朝鮮選手が入ってきても)韓国選手たちの機会剥奪ではない」と付け加えた。李首相の発言は北朝鮮の平昌五輪参加をめぐる次官級実務会談(17日)を行う前日に出てきたもので注目される。

  特に李首相は「女子アイスホッケーは韓国が世界ランキング22位、北朝鮮が25位でメダル圏にない。韓国の選手たちも(北朝鮮選手の追加に)大きな被害意識はなく、むしろ戦力強化の良い機会と考える雰囲気があると聞いた」と話した。

  李首相は五輪開閉会式で南北が合同入場する際に統一旗を持てば太極旗(韓国国旗)の存在感がなくなるという指摘に対しては、「入場の最初の場面に(開催国として)大型太極旗が入る。韓国が太極旗を持てば北朝鮮が北朝鮮国旗を持たなければならないという点も考慮しなければならない」と反論した。

  李首相は「過去7回の合同入場の際に毎回統一旗を持った。過去の前例から見ると今回もそうならないか」と予想した。李首相は「過去の五輪南北合同チーム構成や合同入場の時より今回国民が相対的にさらに懸念しているのは北朝鮮が核とミサイルを高度化したためだという点は理解する」と話した。

  その上で李首相は「北朝鮮と対話の通路を確保することがより緊要なこともある。そこで得られるものは無形であっても大事だ。対話自体が断絶した状態で五輪を行った時にわれわれがどのような心配をするのか考えてみれば北朝鮮参加問題は受け入れ可能ではないか」と話した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事