【社説】世界最強を誓う習近平の中国、過去と戦う韓国

【社説】世界最強を誓う習近平の中国、過去と戦う韓国

2017年10月20日08時59分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  中国の習近平国家主席が一昨日開幕した第19回中国共産党全国代表大会(党大会)で中国を2050年までに総合国力と国際影響力で世界の先頭に立つ「現代化強国」にすると宣言した。習近平執権第2期が始まる党大会で、米国との国力競争が本格化するだろうと予告した。5年前の第18回党大会で総書記に選出された当時に示した「中国の夢」の目標を具体化したのだ。

  この日、2000人余りの代表が集まった北京人民大会堂で64歳の習主席は実に3時間24分にわたり真っすぐに立ち、68ページに及ぶ報告書を読んだ。報告のキーワードは「新時代」と「中国の特色ある社会主義」だった。習主席は「長期間の努力で中国の特色ある社会主義は新時代に入った」とし、「近代以後苦難を経験した中華民族が、立ち上がって(站起来)裕福になり(富起来)強大になる(強起来)飛躍を経て中華民族の偉大な復興という輝く未来を前にしている」と話した。

  注目すべきは新時代の中国の特色ある社会主義を実現するための段階的戦略だ。習主席は「小康(国民の衣食住が解決される安定的で調和がとれた状態)社会が完成する2020年から2035年までの第1段階の15年間、基本的社会主義現代化を実現し、経済力と科学技術実力が革新型国家の先頭に立つようにする」と明らかにした。強い軍隊も強調した。2035年までに国防・軍隊の現代化を基本的に実現し、今世紀中葉(2050年)には世界一流の軍隊になるという目標を示した。国際社会で米国との主導権戦いが激しくなるだろうと予告した。

  新時代の中国の特色ある社会主義は中国共産党の憲法である党章・党憲に明記されるという観測が多い。習主席は昨年「核心」の地位を与えられるなど2012年の執権以後、反腐敗闘争等により権力を強化してきた。今回の党大会が習主席の長期政権時代を開く「戴冠式」になるだろうという報道まで出てきた。だが、文化革命に対する反省から導入した中国特有の集団指導体制を過去の1人独裁に戻すのは容易ではないという分析が多い。習主席は新時代の社会主義を「マルクス・レーニン主義、毛沢東の思想、トウ小平の理論、3つの代表論、科学的発展観の継承と発展であり、人民と中華民族の偉大な復興を実現する行動ガイド」と説明した。3つの代表論は江沢民元主席が主に主張し、科学的発展観は胡錦濤元主席の指導方針だ。新時代は習近平の時代であることは明らかだが、それはやはり過去の中国指導者という巨人の肩の上に立っていることを明確にした。何より目を引いたのは習主席が江沢民・胡錦濤元主席と共に並んで党大会場に入場し、席に着いた写真だ。韓国と完全に対比されるためだ。弾劾された直前の大統領は拘置所で裁判を拒否して人権弾圧を主張しており、前前大統領は積弊清算を巡り現政権と対立している韓国の現実が苦しいばかりだ。
韓国語で読む
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事