【時論】韓国経済、景気後退期に入っている(2)

【時論】韓国経済、景気後退期に入っている(2)

2018年05月22日09時24分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  韓国の産業競争力も問題だが、国際原油価格と為替レートも影響を及ぼす。国際原油価格は2017年12月初めの1バレルあたり60ドルから最近は80ドルを超えた。石油輸出国機構(OPEC)とロシアの減産、北海送油管漏出やリビア送油管爆発による一時的な供給不足、イランの地政学的リスク、世界景気の回復による需要増加で原油価格が上昇している。国際原油価格が100ドル水準に上昇すれば、国内生産財物価の上昇で韓国産製品の価格競争力が落ち、輸出が鈍るおそれがある。

  為替レートは2017年3月9日の1ドル=1160ウォンから現在は1080ウォン水準までウォン高ドル安が進んだ。このようなウォン高状況では対米輸出が減少するしかない。

  米国の保護貿易政策などはウォン高とともに輸出総額まで減らす要因として作用している。韓国ウォンは日本円に対しても値上がりし、現在100円=約970ウォンとなっている。日本は主な輸出品目が韓国と似ているため、韓国産輸出品の価格競争力が落ちて輸出総額が減少する。

  2018年の世界経済成長率はOECDが3.9%、国際通貨基金(IMF)が3.9%、世界銀行が3.1%と予想している。こうした世界経済と韓国経済の間には差が存在する。韓国経済をみると、消費増加率は経済成長率より低く、産業で半導体を除けば成長を牽引する部分が見えない。さらに雇用状況を考慮せず、韓国経済は景気後退期の入り口にあるとみることができる。したがって政府は現在のような経済状況を正確に判断して経済政策を準備する必要がある。

  キム・サンボン/漢城大経済学科教授

  ◆外部者執筆のコラムは中央日報の編集方針と異なる場合があります。

【時論】韓国経済、景気後退期に入っている(1)
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事