【グローバルアイ】米国の核の傘が「屏風の虎」にならないためには…=韓国

【グローバルアイ】米国の核の傘が「屏風の虎」にならないためには…=韓国

2017年09月19日13時41分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  北朝鮮の核・ミサイル能力が転がる雪だるまのような姿だ。塊りは1つや2つではない。20年間ほど転がって今では大小の石になった。金正恩(キム・ジョンウン)委員長は15日、ついに「国家核武力完成目標の終着点にほぼ到達した」と述べた。米本土を核ミサイルの射程圏に置く日までいくらも残っていないという宣言だ。別の見方をすれば韓国・日本を狙った中・短距離核ミサイルの配備は終えたということだ。

  北朝鮮が中・長・短距離の3種類の核ミサイルを備えるのは核武装で第3の道だ。中国-インド、インド-パキスタンの戦略的対立によるインド・パキスタンの核開発モデルは局地型だ。北朝鮮は米・露・中の核大国の間で核強国を追求している。北朝鮮版の核戦略態勢報告書が遠からず公開されるかもしれない。縦深が短く戦略核兵器1発で灰となる北朝鮮の核重武装には、国家安保でなく首脳部安全優先という異質体制がちらつく。ゲリラ戦から出発した兵営国家のDNAも見える。

  現実的な北核抑止力が急がれる。カギは米国の核の傘の実効性だ。韓国内の核武装論と戦術核再配備論はそれに対する不信感から生じる。しかし核武装論は空虚なものだ。挫折感・無力感を一時的に慰める修辞にすぎない。戦術核の再配備も難しそうだ。現在のところ韓米政府当局者の意志が見えない。今は核の傘しかない。米国は現在、核の傘や通常兵器の打撃能力などすべての範ちゅうの軍事能力を含む「拡張抑止」の提供を公約している。

  問題は韓国国民の不安だ。有事の際、グアム配備戦略爆撃機やアジア展開空母の出動には時間がかかる。北朝鮮は中・短距離ミサイルでグアム空軍基地を狙い、空母の展開を牽制している(接近拒否戦略)。米国の核戦争力が韓国になければ「屏風の虎」ではないのかという懸念は自然であり正当だ。したがって韓米両国は戦術核の韓国配備に準ずる核の傘の常時展開を考慮する必要がある。核兵器搭載潜水艦の韓半島(朝鮮半島)沖定期巡航は一つの方法だ。これは公表自体で対北朝鮮抑止力となる。同時に核兵器を露出しない米国の政策にも合う。拡張抑止の戦略的柔軟性と創造的適用が急がれる。その基盤は同盟間の信頼にある。

  もう一つは非対称的対応。経済力を基礎とする攻勢的在来式戦略も必要だ。韓米の防御用野外機動訓練は北朝鮮にとってアキレス腱だ。北朝鮮経済は1976-93年の韓米年次機動訓練(チームスピリット)に対抗する訓練をして崩れた。石油・食糧を消耗させた。北朝鮮は敵の訓練を度外視できる体制ではない。北朝鮮の核を宝剣でなく罠にしなければいけない。想像力の失敗で北朝鮮の核保有を阻止できないようなことがあってはいけない。

  オ・ヨンファン/東京総局長
韓国語で読む
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事