駐日韓国大使「福島県の正確な状況を本国の国民に伝えるのが私の仕事」

駐日韓国大使「福島県の正確な状況を本国の国民に伝えるのが私の仕事」

2016年08月19日06時59分
[ⓒ 中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  李俊揆(イ・ジュンギュ)駐日韓国大使は「福島の正確な状況を(韓国国民に)伝え、一日も早く韓国と福島の交流が活発に行われるように努力したい」と発言したと日本メディアが18日、報じた。

  日本の地方紙「福島民報」の報道によると、李大使は前日に行われた就任あいさつで同県庁を訪れ、内堀雅雄知事と会談した後、韓国における福島第一原発事故に関する否定的な評価と関しこのように述べた。

  李大使は、韓国で福島に対する風評が残っている現状を念頭に置きながら「このような状況が一日で改善されることは厳しい」としながらも「韓国の国民が(福島を)直接見れば、徐々に改善していく」という意見を明らかにしたと同紙は伝えた。

  李大使はまた、「科学的数値を含め福島県の正確な状況を本国の国民に伝えるのが私の仕事だ」と述べたという。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事