「パク・ユチョンさん、『料理を習って』『一緒に暮らそう』と言って性関係迫った」

「パク・ユチョンさん、『料理を習って』『一緒に暮らそう』と言って性関係迫った」

2016年06月29日08時13分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
俳優で歌手のパク・ユチョンさん
  俳優で歌手のパク・ユチョンさん(30)を相次いで性暴行容疑で告訴した4人の女性が警察の調査で「(ユチョンさんが)性関係を持つ前に『君、いいね。うちで一緒に暮らそう』という趣旨の話をした」と陳述をしていることが分かった。

  28日、ソウル江南(カンナム)警察署と告訴人側の知人などによると、告訴女性たちはユチョンさんがトイレで性関係を持とうとする前、自分たちに『とても美しい。気に入った。うちに帰って私のために食事に用意をしながら一緒に暮らさないか。そうするためには君が先に料理から習わないと」等の話をしたと警察に陳述した。一部の女性はユチョンさんから「なぜこんなところで働いているのか。もし借金があるなら私が返すから心配するな」等の言葉も聞いたという。

  これら女性たちは「ユチョンさんは暴行や脅迫はしてはいないが、そういう話と一緒に性関係を持とうとして慌てた。その過程で拒否意思を示したが思うようにならなかった」と主張した。ユチョンさんとの性関係が願わない状況で行われたので告訴に踏み切ることになったという。だが、このうちユチョンさんを告訴した一人目の女性Aさんはその後、「強制性はなかった」として告訴を取り下げた。

  警察は告訴女性らの陳述の信憑性を確認するために周辺の人々の調査に注力している。2~4人目の告訴女性の場合、事件発生時点が6カ月~2年前なので直接証拠を確保することが難しいためだ。

  警察は24日、事件発生業者4カ所を家宅捜索し、最初の告訴事件発生時にユチョンさんがいたルームに入った女性の名簿を確保した。警察は女性たちを呼んで調査したが、ユチョンさんの当時の行動に対する女性たちの陳述に一致しない部分が多かったという。

  警察は同時に、AさんとAさんの恋人Lさん、暴力団のWさん(33)の誣告(虚偽告訴)・恐喝容疑の捜査も急いでいる。26日に召還されたAさんの恋人LさんはAさんが初めて告訴を行い、5日後に再び「強制性がない」として告訴を取り下げた経緯を説明した。

  警察はまた、LさんとWさんの関係やユチョンさんの所属事務所関係者と会う時、Wさんが同行した理由などについても集中調査した。警察はAさんら3人が合意金を受け取るために事前に共謀した情況が確認された場合、共同恐喝容疑を適用できるとみている。2人以上が共謀して恐喝した場合、刑の2分の1まで加重処罰することができる。警察はWさんに出席を通知し、週末にユチョンさんも召喚して調査を進める方針だ。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事