韓国野党議員、安倍首相に対する文大統領の「内政干渉」発言を擁護

韓国野党議員、安倍首相に対する文大統領の「内政干渉」発言を擁護

2018年02月13日11時22分
[ⓒ 中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
朴智元民主平和党議員
  韓国の野党議員が安倍首相の韓米軍事演習催促発言を文在寅(ムン・ジェイン)大統領が内政干渉だと返したことに対してよくやったと評価をした。

  民主平和党の朴智元(パク・チウォン)議員は12日午後にCBSラジオの時事番組に出演し、「安倍首相は米国の後に隠れて韓米軍事演習を早く再開しろと悪いことをしている。何様のつもりでそのような内政干渉をするのか」と話した。続けて文在寅大統領も内政干渉だと話したことに対し「文在寅大統領が(安倍首相に)一発食らわせたのはよくやった」と評価した。

  これに先立ち9日に平昌(ピョンチャン)で開かれた韓日首脳会談当時、安倍首相は文在寅大統領に「五輪以降が山場だ。非核化に対する北朝鮮の真摯な意思と具体的な行動が必要だ」とし「韓米軍事演習を延期する段階ではない。韓米合同軍事演習は予定通りに進めることが重要だ」と話した。

  これに対し文在寅大統領は「(韓米軍事演習は)韓国の主権の問題で内政に関する問題」とし、「首相がこの問題を直接取り上げるのは困る」と指摘した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事