グーグルに対抗するとして作った韓国政府主導の人工知能、結局水の泡に

グーグルに対抗するとして作った韓国政府主導の人工知能、結局水の泡に

2017年05月30日09時00分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  昨年3月のグーグルの人工知能(AI)「アルファ碁」とイ・セドル九段の囲碁対局後、韓国社会には「AI狂風」が吹いた。AI開発に後れを取っている現実を嘆き、公共と民間を問わずその風に便乗した。昨年10月京畿道城南(キョンギド・ソンナム)の板橋(パンギョ)テクノバレーに入ったAI研究所の知能情報技術研究院(AIRI)もそんな狂風の産物だった。しかし設立8カ月目でAIRIは韓国のAI研究開発の虚像を見せる代表的事例になった。世界囲碁ランキング1位である中国の柯潔九段まで破ったアルファ碁は、これ以上敵はいないとして囲碁界から引退するほど成長したが、野心に満ちてスタートしたAIRIにはどんなことがあったのだろうか。

  ある科学界関係者は「AIRIは未来創造科学部が産んだ私生児」と話す。未来創造科学部はグーグルなどに対応して韓国も独自のAIプラットフォームを開発しようとAIRI設立を企画した。だが、官主導という認識を脱ぐために公共機関ではなく民間株式会社形態の研究所として作った。サムスン電子やLGエレクトロニクスなど韓国の大企業7社がそれぞれ30億ウォンずつを出し合い210億ウォンの資本金を作った。当初未来創造科学部はAIRIが設立されれば750億ウォンに達する国家AI研究開発資金をAIRIに任せる計画だった。

  だが「崔順実(チェ・スンシル)スキャンダル」が起き、「AIRIはまた別の形態のKスポーツ財団・ミル財団ではないか」という批判が政界であふれた。株式会社形態の民間研究所に競争なく国家研究開発を任せるのに法的根拠がないという主張も出てきた。このためAIRIは昨年12月に未来創造科学部が公募した研究開発課題「自律知能デジタル パートナー技術研究」から脱落した。未来創造科学部はその後政府が主導してAIRI設立資金を集めたという事実さえも否定した。

  AIRIは研究人材構成にも困難を経験しなければならなかった。当初出資金を出した企業からAI研究陣の派遣を受けることにしていたが、企業が難色を示し独自に人材を確保しなければならなかった。このため現在目標人数の半分である20人の研究員をどうにか集めた状態だ。世論が悪化したため支援者が出なかったためだ。その20人も大企業と中小企業でAI研究をしていない研究員だけで、入社後にセミナーなどを通じた再教育を受けなければならなかった。

  ◇「人間クイズ王」に勝った韓国AIのエクソブレイン、情報保護規制で疾病診断は断念

  AIRIの金鎮衡(キム・ジンヒョン)院長は、「当初政府の話を信じて推進したがこのような事態になりみじめな心情だ。理事会の承認を受け資本金210億ウォンのうち50億ウォンを運営・研究資金に使い研究員の生きる道を模索している」と話した。

  金院長は韓国の人工知能分野の第1世代研究者で、1987年にKAISTに韓国初の人工知能研究センターを作った人物だ。

  韓国の代表的IT分野政府出資機関である韓国電子通信研究所(ETRI)のAI開発事業もぐらついている。ETRIは2013年に人間クイズ王に勝った米IBMの「ワトソン」をロールモデルに2023年までにグローバルトップ水準の言語人工知能である「エクソブレイン」(Exo-brain)を開発するという計画を立てた。エクソブレインは昨年末に韓国の人間クイズ王とのクイズショーで勝利するなど成果を見せたりもした。

  だが3月に始まった2段階から問題が生じた。当初1段階の研究を基盤に医療・法律部門の専門知識QAシステムを備えた応用技術を開発する予定だったが医療部門は断念した。各病院が保有する患者診療ビッグデータを分析し疾病診断を助けるサービスをやろうとしたが、韓国の厳格な情報保護規制のためデータに接近さえできなかった。

  ETRIは医療分野の代わりに公開された特許データベースを活用したAI特許情報サービスをする側に計画を修正した。

  KAISTのイ・スヨン人工知能研究センター所長は「この1年間で韓国社会のAIに対する関心は爆発的に増えたが、関連規制が足を引っ張っている上に研究人材まで非常に不足しているのが現実。政府は産学研が有機的に共同研究ができるよう規制を緩和し、生態系を作る役割をしなければならない」と話している。

  
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事