強まるデフレ警告音…GNI増加率、10四半期ぶり最低=韓国

強まるデフレ警告音…GNI増加率、10四半期ぶり最低=韓国

2014年12月05日08時28分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  今年7-9月期の韓国の実質国民総所得(GNI)が前期比0.3%の増加にとどまった。増加率は2012年1-3月期以来10期ぶりの最低水準。韓国銀行(韓銀)が4日に出した暫定統計だ。GNIはその言葉通り、一国の国民が稼いだ収入の総合。国内はもちろん海外から国民が受けた給与、利子、配当も含む。

  国の経済規模がどれほど大きくなったかを見る場合は国内総生産(GDP)、国民の暮らしを見る場合はGNIを主に利用する。今年7-9月期の実質GDPは前期比0.9%増加したが、GNIは同じ期間0.3%増にとどまった。韓銀の関係者は「ウォン高が進んだうえ、海外で稼いだ収入が減り、GNIがGDPより低い成長率となった」と説明した。

  韓国経済が外形だけでなく中身まで弱まり、デフレ懸念はさらに強まっている。韓国開発研究院(KDI)のイ・ジェジュン研究委員は「経済成長率のほか、名目税金収入、名目企業売上の減少などデフレを警告する兆候が表れている。デフレが来るかどうか論争する場合ではなく、デフレが来ないように対応するのが重要な時期」と指摘した。

  韓銀は11日、政策金利を決定する金融通貨委員会を開く。ひとまず市場は「金利据え置き」を予想している。韓銀は今年、8月と10月に政策金利を引き下げて過去最低(年2%)水準となっているうえ、市場変動幅が大きく変数も多い年末に金利を調整した前例が少ないという理由でだ。しかし経済指標がよくないため、来年は政策金利を1%台に引き下げるべきだという主張が強まっている。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事