韓国副首相「雇用不振、最低賃金の影響でない」

韓国副首相「雇用不振、最低賃金の影響でない」

2018年04月16日15時02分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  金東ヨン(キム・ドンヨン)副首相兼企画財政部長官が16日、「2、3月の雇用不振を最低賃金引き上げの影響とみるのは難しい」と述べた。

  金副首相はこの日午前、政府ソウル庁舎で開かれた経済長官会議の冒頭発言で「2、3月の就業者増加幅が10万人台に縮小し、青年層の雇用が悪化するなど雇用状況が良くない」とし「これは(大幅に増加した)前年同期との比較、造船・自動車業種などの構造調整に起因するものであり、最低賃金引き上げの影響と見るのは難しい」と述べた。

  金副首相は「補正予算案が速やかに審議に入り、早期に通過してこそ、雇用問題の解決につながるだろう」と強調した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事