現代・起亜車、トヨタを抑えて国連機関に自動車供給へ

現代・起亜車、トヨタを抑えて国連機関に自動車供給へ

2018年03月15日10時34分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
国連に供給される車種は現代車のアバンテと起亜車のプライド・K3・ソレント(写真提供=現代・起亜車)
  現代・起亜自動車が国連(UN)の平和維持および救護活動に使われる。現代・起亜車と大韓貿易投資振興公社(KOTRA)は最近、国連本部が実施した機関用車両入札で大規模な受注に成功したと14日、発表した。供給規模は今後5年間で最大1000台、輸出額は約1200万ドル(約120億ウォン、約12億円)だ。

  国連に供給される車種は現代車のアバンテと起亜車のプライド・K3・ソレント。今後、国連マークを付けて世界の国連および国連傘下機関で使用される。部品系列会社の現代モービスは部品供給、メンテナンス会社に指定された。現代・起亜車の国連車両の受注は2010年に420台の中型バスを納品して以来2回目となる。

  現代・起亜車の関係者は「日本のトヨタや米国のゼネラルモーターズ(GM)など国連市場をすでに確保しているグローバル企業を入札競争で抑えた」とし「厳しいという定評がある国連の公開競争入札で商用車に続いて乗用車の品質と価格競争力も認められたという意味がある」と強調した。

  現代・起亜車は今回の国連納品をきっかけに全世界の政府を対象に各国調達市場に積極的に参加する計画だ。

  キム・ドゥヨンKOTRA戦略事業本部長は「国連の車両といえば当然トヨタと認識される時代は過ぎた」とし「今はもう韓国の自動車が平和維持および救護など国連が地球村のあちこちでする活動で手足となり、今後ブランド認知度と企業イメージもさらに高まるだろう」と述べた。

  国連調達本部と傘下機構を含む全体の調達規模は2016年基準で177億ドルにのぼる。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事