BLACK PINK、デビュー曲いきなりヒット…華麗な大記録

BLACK PINK、デビュー曲いきなりヒット…華麗な大記録

2016年09月12日15時37分
[ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
BLACK PINK
  YGエンターテインメントの「栴檀は双葉より芳し」のBLACK PINKが記録したデビュー活動は華麗で輝かしいものだった。

  新鋭のBLACK PINKは11日、SBS(ソウル放送)の『人気歌謡』のステージを最後にデビュー活動を終えた。BLACK PINKはこの日、曲『WHISTLE(口笛)』で1位になり、きれいな形でデビュー活動に終止符を打つことになった。

  先月8日にデビューしたBLACK PINKは約1カ月間の活動で1位のトロフィーを3つも手にして『WHISTLE』と『BOOMBAYHA』をいずれもヒット曲にする底力を発揮した。YGで4~6年間のハードトレーニングを受けた結果らしい記録だ。

  BLACK PINKは登場と同時に歌謡界に「注意報」を出した。デビュー1週間で音源チャートの席巻と米国iTunes・ワールドワイド同時席巻、ダブルタイトルそれぞれミュージックビデオの再生回数1000万回突破、週間チャート独占などトップアイドルグループ級の記録を出した。

  BLACK PINKはデビュー2週でガールズグループ最短期間となる地上波1位の記録を作った。BLACK PINKは先月21日『人気歌謡』で曲『WHISTLE』で初の1位を獲得した。これはガールズグループの中で最速記録だ。その後BLACK PINKは『Mカウントダウン』に続き11日『人気歌謡』まで計3つの1位のトロフィーを手にした。

  BLACK PINKは8日、ガオンチャート発表によれば8月デジタル、ダウンロード、ストリーミング、モバイルチャートのトップに上がって4冠王の快挙を成し遂げた。これに先立ちガオンチャート33週目で2冠王、34週目で3冠王、35週目で2冠王を達成して「ロングラン人気」を立証した。

  BLACK PINKはすぐに新曲の準備に突入し、次の活動のために練習に没頭する予定だ。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事