<セウォル号事故4年>韓国首相「下着姿で脱出した船長に今も怒り感じる」

<セウォル号事故4年>韓国首相「下着姿で脱出した船長に今も怒り感じる」

2018年04月16日14時53分
[ⓒ 中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
李洛淵(イ・ナギョン)首相
  韓国の李洛淵(イ・ナギョン)首相は16日、「セウォル号の船長は学生たちに船から出ないよう伝えながら自分は下着姿で脱出した」とし「その恥ずかしさと怒りのために今でも歯ぎしりをする」と述べた。

  李首相はこの日、政府ソウル庁舎別館で開催した第4回国民安全誓約大会でセウォル号沈没事故から4年を迎えてこのように話した。

  李首相は「我々は安全の面でも奇跡のような成長を成し遂げる時になった」とし「韓国人は腕と脚が短いというが、パク・テファン選手(水泳)とキム・ヨナ選手(フィギュアスケート)は世界最高選手になった」とも語った。

  続いて「安全の面で我々は先進国レベルに進まなければいけない」とし「そのために時にはお金がかかり、時には面倒なこともあり、時には時間もかかるだろう。それでもしなければいけない」と力説した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事