【社説】「チャン・ジャヨンさん事件捜査」で現れた歪んだ社会像

【社説】「チャン・ジャヨンさん事件捜査」で現れた歪んだ社会像

2009年04月25日12時32分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  「母の法事の日にもお酒の接待をしなければならなかった上、呼ばれたらいつでも出なければならなかった」という。先月7日に自殺した女優のチャン・ジャヨンさんの芸能人仲間が警察で述べた故人の悲惨な生前の様子だ。警察は昨日、自殺事件中間捜査結果を発表し、チャンさんが「素手とペットボトルで暴行を受けたが、届け出ることはできなかった」という記録も残したと明らかにした。胸が痛み、怒りがこみ上げる。

  警察の発表を見れば、結局かわいそうな人は故人となったチャンさんだけという感じだ。警察自らも「捜査に限界があった」と告白したように、死亡したチャンさんと日本に逃避した芸能企画事務所の前代表に事件の核心疑惑を押しつけて警笛だけ鳴らした格好になった。「地位を問わず原則どおり捜査する」と強調した警察が、その意志を守ったと思う人はどれほどいるだろう。被疑者の企画会社の事務所を遅れて家宅捜索し、捜査対象者たちの実名を明らかにすると言っても、その数時間後にまた変更するなど、じたばたしていたときから予想された結果だった。インターネットを通じて事実確認もせずに流言ばかり騒々しく出回ったが、警察はそれに乗じていなかったと自信を持って言えるか。

  警察がそれさえも疑いを固めて立件した9人の面々を見れば、韓国社会の歪んだ自画像にいま一度ため息をつかなければならない。これらの中には芸能企画会社前・現職代表とドラマプロデューサー、金融界関係者、情報技術(IT)会社代表らが含まれている。社会的地位の高い人々が20代の女優を反強制的に酒の席に呼び出して「強要罪」の疑いを受けていること自体が情けない。プロデューサーの1人はチャンさんのドラマ出演と関連してチャンさんの所属事務所の前代表から5000万ウォンを受け取ったと警察は明らかにした。金融界関係者には酒の席でチャンさんを強制的に醜行した疑いが適用された。チャンさん所属事務所の前代表がチャンさんの放送出演を依頼し、プロデューサーに巨額を渡したため、弱者であるチャンさんの立場ではプロデューサー、金融界、IT業界の人々が集まった酒の席には断れず呼び出され、恥辱的なセクハラを繰り返しされたという話だ。母の法事にも行けなかったチャンさんの辛さはどれほどのものだっただろうか。

  チャンさん自殺事件は韓国社会で「チャン・ジャヨンリスト」の波紋から広がって被害者を生むなどおかしな副作用が少なくなかった。捜査をこのままやめてはいけない。世間の依然絶えない疑惑を解決するためにも全貌をもっと詳しく明らかにしなければならない。四十九日を迎えた故人も、それでこそ楽に眠れるだろう。真相を満天下に示し、芸能界の一角の誤った慣行と社会の情けない行動に一大警鐘を鳴らさなければならない。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事

関連記事