<サッカー>韓日戦にまた現れた旭日旗…問題視される理由は?

<サッカー>韓日戦にまた現れた旭日旗…問題視される理由は?

2012年08月31日09時07分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  スポーツはよく政治的な脈絡につながる。1971年の中国と米国のピンポン外交、1991年の千葉世界卓球選手権の南北単一チーム優勝のようにプラスのエネルギーを発する場合もあるが、激しい対立の舞台になることもある。

  30日に日本で開催されたFIFA(国際サッカー連盟)U-20(20歳以下)女子ワールドカップ(W杯)準々決勝の韓日戦がそのような試合だった。この日の試合を控えて最も注目されたのは、日本軍国主義を象徴する「旭日旗」だった。

  ◇関心対象の旭日旗

  李明博(イ・ミョンバク)大統領が10日、独島(ドクト、日本名・竹島)を訪問した。11日にはロンドンオリンピック(五輪)サッカー3位決定戦で、韓国が2-0で日本を撃破した。そして朴種佑(パク・ジョンウ)が「独島パフォーマンス」を見せた。

  ある日本の記者は「日本は普段、独島問題にそれほど関心がないが、今回は違った。朴種佑のパフォーマンスは日本人に非常に不快な行動だった。敗者に対する礼儀ではなかった。今回のことで竹島に対する関心が広まった」と話した。

  当初、日本サッカー協会は今大会に旭日旗の持ち込みを認めなかった。すると日本サッカーファンが激しく反発した。結局、日本サッカー協会は搬入禁止を撤回した。

  ◇旭日旗はなぜ使ってはいけないのか

  旭日旗は大東亜共栄圏を夢見た日本軍国主義の象徴だ。簡単に言えば、ドイツ・ナチスのハーケンクロイツと同じだ。第2次世界大戦を深く反省したドイツとは違い、日本は侵略行為について誠意ある反省をしていない。ドイツ社会でハーケンクロイツはダブー視される。しかし日本は旭日旗を相変わらず自衛隊旗として使っている。ある日本の記者は「日本人は旭日旗が軍国主義につながるということをそれほど深く考えていない。単に軍隊で使う旗と認識している」と語った。

  ◇少数の旭日旗応援

  FIFAは29日のミーティングで、「政治的応援を自制してほしい」と韓日両国に強く要請した。試合前、日本のソーシャルネットワークには「旭日旗を持って集まろう」という動きがあった。しかし実際、競技場では組織的な旭日旗応援はなかった。日本がゴールを入れた時、2つの旭日旗が見えたが、堂々と振るような姿はなかった。懸念された不祥事はなかった。しかし今後、韓日戦では激しい雰囲気が繰り返される見込みだ。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事