現代車グループ、後輪基盤の四輪駆動システムの国産化に成功

現代車グループ、後輪基盤の四輪駆動システムの国産化に成功

2017年05月30日07時41分
[ⓒ 中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
後輪基盤の四輪駆動システム「AWD」(写真提供=現代WIA)
  現代自動車グループ系列会社の現代WIAが、海外製品に依存していた後輪基盤の四輪駆動(AWD)システムを国産化することに初めて成功した。

  現代WIAは29日、後輪基盤の電子式AWDシステム「ATC(Active Transfer Case)」の量産に入ったと明らかにした。ATCは後輪動力の一部を前輪に伝えて四輪を同時に動かす自動車の核心部品だ。これは瞬間的な速度アップやコーナリングの時、前輪と後輪の動力配分が柔軟で、安定性が高まっているのが特徴だ。

  現代WIAは年間4万台に供給できる物量を生産して年間200億ウォン(約20億円)以上の売上効果があるものと期待している。現代WIA関係者は「さらに積極的な技術開発と営業活動で、国内はもちろん海外の自動車部品市場での位置づけを固められるように努力していく」と伝えた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事