韓国GMの群山工場が閉鎖へ…「稼動率の低下で運営不可能」

韓国GMの群山工場が閉鎖へ…「稼動率の低下で運営不可能」

2018年02月13日10時42分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
韓国GMロゴ
  韓国GMが全羅北道(チョルラブクド)群山(クンサン)工場閉鎖を決めた。韓国GMは5月末までに群山工場の車両生産を中断して工場を閉鎖することにしたと13日、明らかにした。群山工場は過去3年間、稼動率が約20%に過ぎず、それも下落の一途をたどっており、持続的な工場運営が不可能な状況に達したというのが韓国GM側の説明だ。

  韓国GMのKaher Kazem社長は「今回の措置は韓国での事業構造を調整するための、辛いが必要な努力の第一歩」としながら、「最近続いている厳しい状況を克服するために、役職員、群山および全羅北道の地域社会や政府関係者が献身と支援を送ってくれていることを十分に認識している」と述べた。また「転換過程で影響を受けることになる職員のために最善を尽くして支援していく」と付け加えた。

  現在、GMは世界的に不振実績を出している事業場に対し、事業構造改革に乗り出している。

  韓国GM側は「労働組合、韓国政府および主要株主に、韓国での事業を維持して経営を正常化するための具体的な計画を提示した」とし「この計画が実行されるためにはすべての当事者の全面的な支援が必要だ」と主張した。同時に「韓国GMの今回の提示案は、韓国に対する大規模かつ直接的な製品投資を含んでいる」とし「これを通じて数千件の雇用を維持できるものと見込んでいる」と明らかにした。

  GM総括副社長兼海外事業部門社長のBarry Engle氏は「韓国GMと主要利害関係者は韓国での事業成果を改善するための緊急措置を取るべき」と主張した。Engle氏はまた「GMはグローバル新車配分のための重要な岐路に立っている。韓国GMの経営正常化に関連し、GMが次の段階についての重大な決定を下す2月末まで、利害関係者との持続的な話し合いを通じて意味ある進展を成し遂げなければならない」と述べた。

  GMが大宇(デウ)自動車を2002年に買収して設立した韓国GMは、過去16年間に完成車1000万台を生産し、現在は直接・間接的に約20万人が関連企業で働いている。昨年、韓国で13万2377台の乗用車を販売し、世界120カ国に39万2170台の乗用車を輸出した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事