【中央時評】やめてくれ、もう十分だろう=韓国(1)

【中央時評】やめてくれ、もう十分だろう=韓国(1)

2016年09月12日14時45分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  人間の欲求と動機を説明する重要な原理の一つが恒常性(Homeostasis)の原理だ。常に維持したい平安な状態が存在し、その状態から抜け出した時はその平安な状態に戻ろうとする性向が生じるということだ。食欲・性欲・睡眠欲など生存に必須の動機がこのような恒常性の原理に基づくため、不足すればするほどさらに強い動機が誘発されるが、ある程度満たされれば動機が弱まったり消えたりする。もしかすると人間のすべての欲求がこのような恒常性の原理だけに基づくのなら、世の中はもっと平和になるかもしれない。必要な分だけ食べ、食べる分だけ育てて狩猟し、寒くないほど着て、定められた分だけ満たされ、それ以上は手に入れようとしなければ、理想的な君子の生活も可能でないだろうかと思う。

  しかし人間の欲求と動機はそれほど簡単なものではない。よく言えば成就欲求だと見ることができるが、人間にはなかなか満足しない貪欲がある。新しいものやより良いのをもっと多く持とうとする欲求が存在する。すでに平安な状態に到達していても、すぐにそれに飽きるのが人間だ。こうした絶えない欲求は人間社会が成長する原動力だった。単に人間が他の動物に比べて認知能力が優れ、地球を支配しながら文明を享受しているのではなく、現在に満足しない貪欲があったため今の豊かさを享受することになったのだ。したがって人間を人間らしくする本質の一つが貪欲でもある。

  しかし最近の韓国社会で見ている貪欲はあまりにも悲しい。法定管理で物流大乱を起こし、多くの人々に苦痛を与えている韓進海運の前最高経営責任者は、家にだけいて経営能力がなかったと自認しながらも、当時世界7位の海運会社を直ちに引き受けた。会社が厳しい時も数百億ウォンの配当金はもちろん退職金まで持っていき、自ら400億ウォン程度の財産があると言いながらも、たかが(?)10億ウォンを惜しもうと不法株式売却をしたという疑いを受けている。年間140億ウォンの賃貸料のうち韓進海運が使用する6階の賃貸料の年間36億ウォンの一部を受けることができず苦痛を分担しているという。残りの100億ウォンは受けているにもかかわらず。

【中央時評】やめてくれ、もう十分だろう=韓国(2)
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事