韓流ブームに乗ったKフード、世界の舌を魅了する(1)

韓流ブームに乗ったKフード、世界の舌を魅了する(1)

2016年03月23日10時27分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
世界的に吹いているK-POPとドラマなど韓流熱風をはじめ、いまでは韓国料理にまで世界の人々の関心が高まっている。多くの韓国企業がグローバル市場で世界の人の舌を攻略するのに注力している。
  アルプスのユングフラウで出会った辛ラーメンはまさに蜜の味だった。旅行が好きなイさん(53)は数年前に8泊9日の日程でフランス、イタリア、スイスを旅行した時に万年雪に覆われたユングフラウヨッッホを眺めながらスープまで残らず飲み干したカップラーメンの味を忘れられずにいる。各国の旅行者が訪れる海抜3000メートルを超える「欧州の屋根」であるユングフラウヨッホにあるバーでは旅行客のために辛ラーメンを売っている。1個当たり7.8スイスフラン(約900円)と高額で売られているが、ここだけで韓国のカップラーメンが1年に10万個以上売れている。

  ドラマ『太陽の後裔』が人気を呼び間接広告(PPL)商品も一緒に人気を呼んでいる。ソン・ジュンギが飲んでいた正官庄の製品が代表的だ。KGC人参公社関係者は「ドラマが放映されてから中高年層の顧客から若い顧客まで訪問と購入が続いている。現在『エブリータイム』は中国輸出ができていないが外国人が主に購入する免税店でエブリータイムの売り上げが前年比173%増加した」と明らかにした。

  食品会社で海外マーケティングを担当するパクさん(43)は韓国ドラマ人気が高まるたびに内心快哉を叫ぶ。ドラマ1本の成功が数年間会社が力を入れたマーケティングよりはるかに威力が強いためだ。韓流ドラマの成功が売り上げ伸長につながるのは時間の問題だ。

  世界的に吹いているK-POPとドラマなど韓流熱風をはじめ、いまでは韓国料理にまで世界の人々の関心が高まっている。特に食文化は伝統的な味と料理から現時代を反映したトレンドまで韓国の食品と文化を伝播できる多様な役割を担っている。

  ◇アジアから欧州をつなぐ菓子ロード拡張=ロッテ製菓は核心ブランド製品の価値を強化し海外市場攻略を積極的に進めている。昨年8月にはインドのニューデリーにチョコパイ第2工場を完工した。インドが牛を大事にするヒンズー教の国のため現地人を攻略するためにチョコパイのマシュマロ原料を植物性に変えて大ヒットした。これを通じ既存のチェンナイ工場とともにインドの南北をつなぐ「チョコパイベルト」を完成した。ロッテ製菓はニューデリー工場完工によりインド市場を積極的に攻略するだけでなく周辺国である中東やアフリカにも製品を輸出できると期待している。ロッテ七星(チルソン)飲料もやはり海外市場で「ミルキス」「レッツビー」「マンゴージュース」などを掲げロシアと中国などで現地特化型マーケティングと営業を強化し、ミャンマー合弁法人のロッテMGSベバレッジを通じてミャンマー新規市場に力を入れている。

  オリオンのチョコパイは年間売り上げの4分の3を海外で稼ぐ。オリオンの長寿ブランドである「チョコパイ情」は昨年単一商品で売り上げ4030億ウォンを記録した。海外売り上げが3010億ウォンで国内売り上げの3倍近い。中国で1860億ウォン、ロシアで630億ウォン、ベトナムで520億ウォンの売り上げを上げた。

  ◇カリフォルニアに研究開発センター設立し米国の好みを研究=CJ第一製糖は1日、米カリフォルニア州フラートンに冷凍・常温製品を研究開発する米国食品研究開発センターを構築した。2011年に米国で「ビビゴ」のブランドで冷凍ギョーザを発売し韓国式ギョーザという新食品分野を開拓して既存の中国式ギョーザとの差別化に成功し、年間売り上げ1000億ウォンに達する大型ブランドとして定着した。

韓流ブームに乗ったKフード、世界の舌を魅了する(2)
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事