「為替操作国」避けた韓国、市場介入は難しく…ウォン高加速も

「為替操作国」避けた韓国、市場介入は難しく…ウォン高加速も

2018年04月16日12時59分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
「為替操作国」避けた韓国、市場介入は難しく…ウォン高加速も
  「2017年11月と今年1月にウォン高を緩和するために市場介入した事実がはっきりと表れた。韓国の為替慣行を引き続き綿密に監視する」。

  13日(現地時間)、米財務省が発表した2018年上半期の為替報告書の内容だ。米国は毎年4月と10月に発表するこの報告書を通じて、主要貿易国の通貨政策を評価する。米国は今回の報告書で韓国の市場介入時期と規模に具体的に言及した。「すべて把握しているので速やかに措置を取るべき」という圧力だ。具体的な改善案も初めて出した。「介入の内容を透明かつ適切な時期に報告することを促す」という内容だ。

  幸い、「深層分析対象国(為替操作国)」指定は避けた。米国の貿易促進法によると▼対米貿易黒字200億ドル超過▼国内総生産(GDP)比で経常黒字3%超過▼GDP比で市場介入(ドル買い)2%超過--の3つの要件にすべて該当すれば為替操作国に指定する。3つの要件のうち2つに該当したり、対米貿易黒字規模と比率が過度な場合は監視対象国(Monitoring list)に分類する。米国は従来の5カ国(韓国・中国・日本・ドイツ・スイス)にインドを追加して6カ国を監視対象国に分類した。

  韓国は▼対米貿易黒字200億ドル超過▼GDP比で経常黒字3%超過の要件に該当し、監視対象国に含まれた。市場介入(ドル買い)はGDP比0.6%と、要件に該当しなかった。通貨当局がGDP比で0.6%ほどのドル買いをしてウォン高を阻止したということだ。

  韓国政府も米国の要求をある程度受け入れる方向を定めた。ドルの売り買いの内訳を事後に公開する方法だ。これは米国と国際通貨基金(IMF)が勧告する案だ。現在、経済協力開発機構(OECD)加盟国のうち市場介入の内訳を公開しないのは韓国だけという。

  金東ヨン(キム・ドンヨン)副首相兼企画財政部長官は19日に米ワシントンで開催される主要20カ国・地域(G20)財務相・中銀総裁会議およびIMF・世界銀行(WB)春季会合に出席する。ムニューチン米財務長官、ラガルドIMF専務理事と会うこの席で、市場介入の内訳公開に関する協議を終えると予想される。金副首相は「公開周期は国ごとに日別・月別・四半期別と異なり、環太平洋経済連携協定(TPP)に加入したが6カ月単位で公開するところもある」と説明した。

  現在、米国はTPP復帰を検討している。TPPは当初、米国の主導で始まったが、トランプ米大統領の離脱宣言後は残りの11カ国だけが参加し、「包括的及び先進的なTPP協定(CPTPP)」に名称を変更した。韓国も上半期中にCPTPPに参加するかどうかを決める計画だが、米国が復帰すれば選択の幅は大きくない。この場合、市場介入の内訳公開もTPP基準を準用する可能性がある。

  2015年に締結された「TPPマクロ経済政策当局による共同宣言」には、通貨政策に関する合意が盛り込まれている。市場介入の内訳を「四半期別」に公表し、外貨準備高と資本の流出入などを定期的に公開するという内容だ。例外はある。マレーシアやシンガポールは加盟国との合意を通じて半期単位で公開している。

  期間も問題だが、公開基準を売買総額にするか買い金額にするかも悩みだ。TPP共同宣言文によると、総額が基準だ。チョン・ギュドン国際金融センター長は「韓国は流出入の割合が大きくて経済開放性も高い」とし「政府の介入規模と戦略をあまりにも詳細に公開すれば、投機勢力の攻撃を受ける可能性がある」と話した。

  韓国ウォンの値動きも心配だ。昨年10-12月期まで韓国ウォンは対米ドルで1ドル=1100ウォン台を維持した。しかし今年1-3月期には平均1ドル=1072.32ウォンまでウォン高ドル安が進み、4月13日には1ドル=1069.50ウォンで取引を終えた。ウォン高は諸刃の剣だ。輸入物価が落ちれば内需活性化にもプラスになる。しかし輸出には負担となる。ウォン高が急激に進めば輸出企業の価格競争力が落ちるからだ。

  現代経済研究院によると、ウォン高ドル安が1%進めば輸出は0.51%減少する。韓国政府の立場ではウォン高のペースをできる限り遅らせたいが、米国の圧力で微細調整さえも負担になる状況だ。現代経済研究院のチュ・ウォン経済研究室長は「適切な時期に政府が介入できなければウォン高が加速する可能性もある」とし「心理的抵抗線の1ドル=1050ウォンが崩れれば相当な打撃を受けるだろう」と述べた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事