韓国城南市長「日本とまともな協議を通じて慰安婦被害者の恨みを解消させねば」

韓国城南市長「日本とまともな協議を通じて慰安婦被害者の恨みを解消させねば」

2017年07月24日11時29分
[ⓒ 中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
李在明城南市長。
  京畿道城南市(キョンギド・ソンナムシ)の李在明(イ・ジェミョン)市長が慰安婦問題に関して「日本とまともな協議を通じて被害者たちの恨みを解消させねばならない」と明らかにした。

  23日、京畿道城南市盆唐(プンダン)のチャ病院葬儀場に設えられた慰安婦被害者、金君子(キム・グンジャ)さんの焼香所を訪れて弔問を終えた後「徹底した真相究明を通じて二度とこのようなことが繰り返されないようにすることが我々の役割」と伝えた。

  李市長は「前政府が行った合意は慰安婦被害者本人に苦痛を与えただけでなく、人類普遍人権に対する間違った考えに起因したものと考える」と主張した。また、「今回の政府が日本とまともな協議を行って被害者たちの恨みを解消させ、日本が軍国主義の名のもとで世界の人々の人権を侵害し、他の国を不幸にさせることが二度と起こらないでほしい」と付け加えた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事