韓国元国家情報院長「韓日関係、最悪…令和時代の『ニューパートナーシップ』必要」

韓国元国家情報院長「韓日関係、最悪…令和時代の『ニューパートナーシップ』必要」

2019年05月21日10時31分
[ⓒ 中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  イ・ジョンチャン元国家情報院長が「令和時代を迎えて(韓日間)『ニューパートナーシップ』を模索しなければならない」と話した。

  イ前院長は20日、国会北東アジアの共存と経済協力研究会の招請で国会議員会館で開かれた「新北東アジアの情勢の中の望ましい韓日関係」という講演会でこのように話し、「日本との緊張の雰囲気を解消することが国益に役に立つ」と話した。

  また、「2つの障害物(慰安婦問題と強制徴用問題)を乗り越えなければ、永遠に止まっているしかない」として「まず障害物を他の道へ、すなわち『ツートラック』でいく必要がある」と主張した。

  また、韓日関係について「国交正常化以降最悪の時期」として「政府も何かをしているだろうが、国会が与野党を超越して超党派的な対日外交を展開しなければならない」と国会が韓日関係の改善に出ることを呼びかけた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事