来週ノーベル平和賞発表…文大統領が受賞するだろうか

来週ノーベル平和賞発表…文大統領が受賞するだろうか

2018年09月28日11時40分
[ⓒ 中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
文在寅大統領と金正淑夫人、金正恩委員長と李雪主夫人が20日午前、白頭山天地に立って記念撮影をしている。(写真=平壌写真共同取材団)
  来週、ノーベル平和賞の受賞者が発表される中で、今年は誰が賞を受けるか注目されている。

  特に、南北首脳会談を3回成功させ、韓半島(朝鮮半島)で平和の雰囲気を作ったということから、文在寅(ムン・ジェイン)大統領の受賞の可能性が高まっている。6月、トランプ大統領と金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長の米朝首脳会談後、英国の賭博事業会社ラドブロークスは文在寅大統領と金正恩委員長が共同でノーベル平和賞を受賞する可能性が最も高いと評価した。

  4月、文在寅大統領が金正恩委員長と初めて首脳会談を開いた後、ノーベル平和賞について直接言及したりもした。4月30日、文在寅大統領が故金大中(キム・デジュン)元大統領の夫人李姫鎬(イ・ヒホ)氏から「ノーベル平和賞を受けられなさい」という話を聞き、「ノーベル平和賞はトランプ大統領が受ければ良く、われわれは平和だけ持ってくれば良い」と答えたことがある。

  2000年、故金大中元大統領が民主主義と人権、南北和解と平和のために努力した功労が認められ、韓国人で初めてノーベル平和賞を受賞した。

  今年のノーベル賞は10月2日ノーベル物理学賞、3日化学賞、5日平和賞などが発表される予定だ。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事