俳優イ・ビョンホン、ハリウッド5作目『Misconduct』3月30日公開確定

俳優イ・ビョンホン、ハリウッド5作目『Misconduct』3月30日公開確定

2016年02月26日15時16分
[ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
俳優イ・ビョンホンが出演している映画『Misconduct』のポスター
  俳優イ・ビョンホンの2016年初めてのハリウッド進出作である『Misconduct』(シンタロウ・シモサワ監督)が韓国公開を3月30日で確定し、そのメインポスターを公開した。

  来月公開される『Misconduct』は財閥企業を相手取った訴訟の情報提供者が謎の死を遂げ、訴訟をめぐる4人の男の取引の裏に隠された事件の真実が明らかになる犯罪スリラーだ。イ・ビョンホンのハリウッド進出5作目で、キャスティング段階から話題を集めていた作品。そのほかにもアル・パチーノ、アンソニー・ホプキンスというハリウッドの伝説的俳優だけでなく、『トランスフォーマー』シリーズのジョシュ・デュハメルなどが出演して期待を高めている。

  今回の作品でアル・パチーノは復しゅうのために戦争を始める大型ロー・ファームCEO「チャールズ」役を、アンソニー・ホプキンスは財力で勝利を取引しようとする財閥企業会長「アーサー」役を演じている。名誉のために危険な賭けに出る弁護士「ベン」役のジョシュ・デュハメルと真実を追う暗殺者に扮するイ・ビョンホンの強烈なキャラクターと演技が加わり緊張感を一層高めている。

  特に、『G.I.ジョー』シリーズや『REDリターンズ』『ターミネーター:新起動/ジェニシス』など娯楽アクション映画を中心に出演してきたイ・ビョンホンは、『Misconduct』を通じてこれまでとは異なるキャラクターに挑み、その演技力とカリスマを遺憾なく発揮するものと期待される。

  イ・ビョンホンは韓国俳優としては初めて第88回アカデミー授賞式に授賞者として招かれている。その一方で、アントワン・フークア監督のハリウッド映画『荒野の七人』(原題『The Magnificent Seven』)のリメーク作品にキャスティングされている。『Misconduct』を足がかりに、イ・ビョンホンは2016年にハリウッドが注目する韓国俳優としてその位置づけを確かなものにしていく予定だ。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事