韓国安保室長-米次期安保補佐官「THAADは合意通り必ず配備」

韓国安保室長-米次期安保補佐官「THAADは合意通り必ず配備」

2017年01月11日16時36分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  金寛鎮(キム・グァンジン)青瓦台(チョンワデ、大統領府)国家安保室長と、ドナルド・トランプ次期米政府で国家安全保障担当大統領補佐官に内定しているマイケル・フリン氏がTHAAD(高高度ミサイル防衛体系)配置を再確認した。訪米中の金室長は10日(現地時間)、「フリン氏と9日に会談し、THAADは合意通り必ず配備することで意見が一致した」と伝えた。

  金室長は中国の反発に対して「韓国はTHAAD配備の正当性について中国に対して何度も説明しており、米国もその必要性を今後さらに説明していく」と、ワシントン特派員懇談会でこのように明らかにした。金室長は「THAADは単なる防御武器で、自衛権的な措置に該当する」とし「自主権に該当する問題である以上、中国が反対するといってどうこうなるわけではない」と強調した。金室長は「さまざまな困難が予想されるが、必ずTHAADを配備する」と繰り返し明らかにした。

  北朝鮮をめぐっては「北核は断じて容認できず、強力かつ実効的な制裁と圧迫を通じて、非核化の道に踏み出すよう導いていかなくてはならない」という意見をフリン氏と共有したと金室長は伝えた。両氏は北朝鮮の非核化と北朝鮮の挑発抑制のための隙のない韓米共助の必要性を再確認した。フリン氏は韓米同盟を「餅(sticky rice cake)共助」という表現を使いながら同盟強化の意志を明らかにしたと金室長は伝えた。

  フリン氏は北朝鮮に対する制裁に関し、中国の積極的な参加が必要だという立場を明らかにした。金室長は、トランプ政府発足後、北朝鮮が挑発した場合に米国はどのような出方をするかとの質問に対し、「強いメッセージを送るかもしれない」と述べた。だが、具体的なメッセージの内容については言及しなかった。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事