<サッカー>「2002W杯のトッティー退場はヒディンクの作戦」

<サッカー>「2002W杯のトッティー退場はヒディンクの作戦」

2006年05月10日16時45分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  02年韓日ワールドカップ(W杯)の韓国-イタリア戦が終わった後、当時のヒディンク韓国代表チーム監督はコーチ陣に対し、決勝戦の準備するよう指示していたことが確認されたと、クッキーニュースが10日報じた。

  またイタリア戦の前、ヒディンク監督は選手らに「(当時のイタリア代表チームの主将だった)トッティーが警告を受けたり退場させられるよう誘導しろ」と指示していた、と伝えた。

  こうした事実は、クッキーニュースが当時のチェ・ジンハン・コーチの備忘録を入手して明らかになった。

  チェ元コーチは「イタリア戦の翌日の02年6月19日、ヒディンク監督が大田(テジョン)スパピアホテル代表チーム宿舎の食堂でコーチらと一緒に夕食を取りながら、決勝戦の準備に言及した」と語った。

  チェ元コーチはまた「ヒディンク監督が洪明甫(ホン・ミョンボ)ら守備陣に『意図的に激しいファウルをしろ』と言いながら、トッティー対策を指示したようだ」と明らかにした。

  特に、ヒディンク監督はトッティーとビエリを集中分析し、洪明甫に「トッティーは気性が激しいので、彼がファウルをすれば主審に走って行って抗議しろ」と注文したと、クッキーニュースは伝えた。

  また、チェ元コーチは「大韓サッカー協会の協力を得て、ファーベークコーチが02年6月17日、大田(テジョン)W杯競技場のスタンドのてっぺんから隠れながらイタリアの非公開練習を偵察した」という話も明らかにした。

  さらにヒディンク監督はサッカー協会側に「レッドデビルズ応援団がイタリア代表チームをひどく揶揄するよう頼んでほしい」と要請したと、チェ元コーチは語った。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事