日本人観光客が減少…韓国の旅行収支、7四半期ぶりに最大赤字

日本人観光客が減少…韓国の旅行収支、7四半期ぶりに最大赤字

2013年05月14日11時08分
[ⓒ 中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  韓国の旅行収支が円安の直撃弾を受けて7四半期ぶりに最大赤字を記録した。

  韓国銀行の14日発表によれば、今年第1四半期の旅行収支は20億4410万ドルの赤字で2011年第2四半期(22億5920万ドル)以降1年9カ月ぶりに最も大きな規模の赤字となった。

  これは韓国人が外国旅行で使ったお金(旅行収支支出)が51億9010万ドルで昨年同期より5.7%増加したのに比べ、外国人旅行客が韓国で使ったお金(旅行収支収入)は31億4600万ドルと3.8%減少したためだ。円安によって韓国を訪れる日本人観光客が減った反面、日本を訪れる韓国人が増えたため。実際に第1四半期に韓国を訪れた外国人観光客は中国人が37.8%増加したのをはじめ米国(4.5%)、台湾(7.7%)、香港(22.9%)など全体で平均4.0%増えたが、日本人観光客は20.8%減少した。

  

  
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事