韓経:韓国政府「長期生存案なければ資金出さない」…米GMに逆攻勢(1)

韓経:韓国政府「長期生存案なければ資金出さない」…米GMに逆攻勢(1)

2018年02月13日09時44分
[ⓒ韓国経済新聞/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
米国GM本社が韓国政府に韓国GMに対する資金支援を要請した中で12日韓国GM従業員が仁川富平工場の西門から出てきた。
  韓国政府と米ゼネラルモーターズ(GM)の間で激しい「神経戦」が本格化している。完全資本割れに陥った韓国GMに対する資金支援の可否と方法、構造調整方向などをめぐってだ。韓国政府と産業銀行は「カモにはならない」という雰囲気だ。むやみに資金支援に出ることはできないという話だ。

  ◇再建の可能性確認が先

  GMの要求が水面上に浮かび上がり韓国政府と産業銀行の動きも速まっている。まずGMの要求に対する真正性と現実性を確かめる計画だ。産業通商資源部の白雲揆(ペク・ウンギュ)長官は12日にソウル市内のホテルで開かれた韓経ミレニアムフォーラムで、「先月バリー・エングルGM海外事業部門(GMI)社長が訪ねてきて経営問題を話した。韓国GMに対する中長期投資と経営改善計画を話してほしいと言った」と明らかにした。

  彼は「それを持ってくれば改めて議論することにした」と付け加えた。韓国GMに対する資金支援を議論するのに先立ち韓国GMの現況と財務構造改善計画などを先に確認しなければならないという意味だ。GM本社が韓国GMを構造的な「赤字の沼」に突き落としているのではないかかとの疑惑を先に確認する必要があるという見方だ。

  実際に移転価格をめぐる議論は絶えなかった。GM本社が部品など原材料価格を高く供給し韓国GMが作った完成車と反組立製品(CKD)などを安く調達して海外市場に売ったという疑惑だ。GM本社が韓国GMを相手に「利子ゲーム」をしたのではないかとの批判も提起されている。韓国GMはこれまでGM本社から年4.8~5.3%の高い利子で3兆4000億ウォン(約3407億円)近い資金を借り入れている。

  ◇中長期生存基盤も用意されなくては

  韓国政府と産業銀行は資金支援のためには韓国GMの中長期生存基盤も用意されなくてはならないとみている。最小年30万台以上を追加で輸出できるグローバル新車を韓国GMに割り当て、電気自動車と自動運転車など未来自動車開発と生産も任せるべきということだ。

韓経:韓国政府「長期生存案なければ資金出さない」…米GMに逆攻勢(2)

【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事