韓国の福祉支出比率、OECDで最下位

韓国の福祉支出比率、OECDで最下位

2012年12月26日11時06分
[ⓒ 中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  韓国が経済協力開発機構(OECD)加盟国で社会福祉支出の割合が経済規模に比べ最も低いことがわかった。韓国メディアが26日に伝えた。

  保健社会研究院の「2012年OECD公表で見た韓国社会福祉支出特性と示唆点」と題する報告書によると、韓国の国内総生産(GDP)に対する公共社会福祉支出の比率は2009年基準9.4%で、加盟30カ国のうちメキシコに次いで2番目に低かった。

  福祉支出1位はフランスの32.1%で、次いでデンマークが30.2%、ドイツ、イタリア、英国、日本などが続いた。

  しかし韓国の福祉支出比率はOECD平均の半分にも満たないが1980年代以後の20年間の増加率は年平均16.6%でOECD平均の3.2倍に達した。

  2007~2012年の実質社会福祉支出増加率も韓国が37%で加盟国の中で最も高かった。

  
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事