<サッカー>オマーン観客が投げた爆竹で韓国選手うずくまる…AFC懲戒も

<サッカー>オマーン観客が投げた爆竹で韓国選手うずくまる…AFC懲戒も

2012年02月23日11時54分
[ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  23日(韓国時間)に行われた韓国-オマーンの2012ロンドンオリンピック(五輪)アジア地域最終予選第5戦は、現地ファンのマナーを欠いた行為で汚れた。

  後半28分に韓国の3点目が決まると、オマーンのホームファンの怒りが爆発した。グラウンドには火がついた爆竹と水が入ったボトルが投げ込まれた。ハン・グギョン(23、湘南ベルマーレ)が爆竹の破片に当たって倒れる場面もあった。約2分間ほどうずくまっていたハン・グギョンは幸い、また立ち上がって最後までプレーした。

  オマーンファンがしばらくグラウンドに物を投げ込んだことで、試合は10分近く中断された。試合は再開されたが、すでに雰囲気は沈んでいた。「韓国に勝ってサッカーの歴史を築こう」と意気込んでいたオマーンサッカーは、怒りを抑えられず汚点を残すことになった。オマーンはアジアサッカー連盟(AFC)や国際サッカー連盟(FIFA)から懲戒を受ける可能性もある。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事