「日本の前轍踏むな」…日本の官僚が韓国に忠告(2)

「日本の前轍踏むな」…日本の官僚が韓国に忠告(2)

2011年07月07日11時38分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  真砂局長はこうした話の終わりにグラフ1枚をさらに取り出した。主要国の高齢化進展推移を現わしたものだ。90年代以後、日本の65歳以上の高齢人口比率は急速に増え、2000年以後は米国と英国・フランス・ドイツを抜いた。韓国は2020年以後に主要国を抜く見通しだ。彼は「少子高齢化に備え先制対応をしなければ取り返しが付かない状況になる。日本の人口の4人に1人が年金を受け取るのに政界が年金に手をつけることができるだろうか」と反問した。いわゆる「年金民主主義」の政治構造が改革を妨げるという話だ。

  この日の「プレゼンテーション」は、朴宰完(パク・ジェワン)長官をはじめとする企画財政部の官僚らに強烈な印象を残したという。梁忠模(ヤン・チュンモ)財政政策課長は、「何か誤ったという感じがする時にはすでに遅いという言葉に訴求力を感じた」と話した。

  企画財政部は5日に「長期財政見通し」を公開した。結果はかなり衝撃的だ。現在の公的年金・主要社会保険の保障水準をそのまま維持しても国の借金が2030年にはGDPの73.4%、2050年に168.6%に急増して1京ウォンに迫るという見通しだ。5年単位の中期財政見通しだけを出していた企画財政部がこうした資料を公式に出すのは初めてだ。梁課長は、「よほどのことでなければそのような資料を出すだろうか。今後迎える状況が侮れないことを国民にも知らせる必要があると判断した」と話した。

  各官庁が企画財政部への必要予算案提出を終え来年度予算編成作業も本格化した。企画財政部内には言葉通り戦雲が漂う。総選挙と大統領選挙を控え半額授業料など政界の予算要求がこれまでより増えるとみられるためだ。企画財政部のキム・ドンヨン予算室長は最近職員らに諸葛亮の「出師表」に言及し、「心をしっかり決めよう」と注文した。

  ◆ワニグラフ=歳出が増えるのに歳入は減りワニの口のように開いた日本の財政グラフ。

「日本の前轍踏むな」…日本の官僚が韓国に忠告(1)
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事