来年発売のiPhone7S、サムスンのOLEDパネル使用

来年発売のiPhone7S、サムスンのOLEDパネル使用

2016年04月15日16時47分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  サムスンディスプレイがアップルの次世代iPhoneに搭載される有機発光ダイオード(OLED)パネルを供給する。アップルは早ければ来年発売するiPhone7SからOLEDパネルを適用する見込みだ。

  ディスプレー業界によると、サムスンディスプレイの年間供給規模は5.5インチパネル1億台前後で、約3兆ウォン(約2850億円)と推定される。契約期間は3年だ。

  このためサムスンディスプレイは忠清南道牙山(アサン)に専用ラインを新設する計画だ。LCDを使用してきたアップルがOLEDを搭載するのは今回が初めて。OLEDはLCDより軽くて薄い。バックライトが必要ないため電力の消耗が少なく、曲げたり折りたためる形態にもできる。

  専門家は、LCDが占めてきたディスプレー市場がOLED中心に変化している信号、と解釈している。サムスン電子・アップルのほか、マイクロソフトも最近、OLEDを自社の製品に適用すると明らかにした。市場調査会社IHSは、ディスプレー市場でOLEDが占める比率が今年の36.9%から2018年には46.9%まで増える、と見込んでいる。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事