ビョン様、米最大手エージェンシーと契約

ビョン様、米最大手エージェンシーと契約

2005年11月13日15時51分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
  



  俳優の李炳憲(イ・ビョンホン)が、米国最大手エージェンシー、クリエイティブ・アーティスツ・エージェンシー(CAA)と専属契約を結んだことが分かった。

  CAA・顧客情報部は11日、李がCAAに所属し、担当エージェントはジェニー・ローリングスだと伝えた。

  契約内容や今後の活動予定についてはまだ分かっていない。李は、米エージェンシーと契約した初の韓国人男優。韓国人俳優としては、ウィリアム・モリスエージェンシーと契約した後『ロスト』に出演中の女優・金允珍(キム・ユンジン)に次いで2人目。CAAは、トム・クルーズとジュリア・ロバーツをはじめ、ブラッド・ピット、ニコール・キッドマンら数多くのトップスターが所属しているハリウッド最大のマネジメントエージェンシー。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事