韓経:韓国全経連「韓中財界会議を再開」…THAAD報復以来3年ぶり

韓経:韓国全経連「韓中財界会議を再開」…THAAD報復以来3年ぶり

2019年08月14日11時56分
[ⓒ韓国経済新聞/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  韓国と中国の財界人が集まる「韓中財界会議」が今月末に中国で開かれる。THAAD(高高度防衛ミサイル)韓国配備に対する中国の報復で会議が中断してから3年ぶりとなる。

  韓国の全国経済人連合会は29、30日に中国山東省済南で「第12回韓中財界会議」を開催すると13日、発表した。山東省は韓国企業の最多投資先に挙げられる。会議には許昌秀(ホ・チャンス)全経連会長、王忠禹中国企業連合会会長など両国から約80人が出席する予定だ。

  韓国側の財界人は会議で中国山東省の劉家義書記と面談する。劉書記は王岐山国家副主席の側近という。中国共産党内の違法行為を監督する中央規律検査委員会常務委員を務めた人物だ。2017年に書記に就任した後、山東省の経済改革を推進している。

  全経連は劉書記との面談で、貿易・投資増進とインフラ建設、第4次産業革命分野での協力案などを議論する予定だ。韓国側の出席対象は主要企業の最高経営責任者(CEO)と中国法人社長。参加を希望する企業は全経連地域協力チームに問い合わせればよい。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事