【社説】駐大阪総領事を狙った韓国の世論操作勢力…取引の実体は隠せない

【社説】駐大阪総領事を狙った韓国の世論操作勢力…取引の実体は隠せない

2018年04月16日09時21分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  文在寅(ムン・ジェイン)大統領支持活動をしてきた与党・共に民主党の党員による「世論操作」事件関連疑惑が次々と出てきている。金慶洙(キム・ギョンス)議員が関与したという報道が出ると、本人はすぐに釈明したが、むしろ疑惑は深まった。民主党側は昨日、世論操作事件を主導したK(48)が金議員に駐大阪総領事に任命してほしいと要求したと明らかにした。いったい文在寅政権のためにどんなことをしたから高位外交官のポストまで要求できたのかが疑問だ。また、この事件を担当した警察官が金議員とKのメッセンジャー対話記録を確保しながらも詳細に調べず捜査を終えて事件を送検したことが明らかになった。事件の実体はもちろん警察の縮小・隠蔽疑惑も糾明が必要な状況だ。

  金議員は2日前の記者会見で「数百件の文字メッセージを交わしたという報道は悪意的な名誉毀損」と主張した。「問題の人物が党内選挙の前に文在寅候補を助けると連絡してきたが、当時、多くの支持グループからそのような形で助けたいと連絡があった」と釈明した。しかしKとどのような点についてそのような対話をしたのかは明らかにしなかった。金議員は「(彼らが)人事に関連する無理な要求をし、これが受け入れられないと相当な不満を抱いた」と説明しながらも、駐大阪総領事任命要求については話さなかった。このような要求をしたというのは、それだけ無理なことをしたという傍証とも考えられる。金議員は文在寅政権の有力政治家の一人だ。金議員が事件関連者という疑いを受けるのが本当にくやしいのなら、経緯を詳細に明らかにする必要がある。

  拘束されたKら3人は特殊プログラムを使用して平昌(ピョンチャン)冬季オリンピック(五輪)と関連した政府批判記事の「いいね!」の数を操作した容疑を受けている。ところが3人は大統領選挙当時はオンライン上で文大統領支持活動をした。主犯格のKは「ドゥルキング」というペンネームで10年間ほど親盧武鉉(ノ・ムヒョン)、親文在寅コメントを載せてきた。Kは出版社を運営したが、本は出したことがない。Kらは世論操作活動のアジトという疑いを受けている。

  Kらがどこから活動費を調達したのか、大統領選挙当時に世論操作に関与したのか、金議員のほかにも接触した与党関係者がいるのかなど、ベールに包まれていることは一つや二つでない。それでもソウル警察庁はメッセンジャー上の対話者と確認された金議員から供述も受けずに捜査を終結した。青瓦台(チョンワデ、大統領府)または政権高位層の圧力または指示があったのかもしれない。現在、この事件はソウル中央地検が担当している。検察が急いで起訴して適当に伏せようとすれば、それによって事件の実体が迷宮入りすることになれば、特別検察による捜査が避けられない。検察は事件の原点からもう一度捜査する必要がある。国家情報院の世論操作事件に対する捜査と同じレベルの意志を見せてこそ国民はその結果を信じるだろう。
韓国語で読む
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事