元駐米大使らが文大統領に助言…「最大の目標は友情…THAAD共感表示を」

元駐米大使らが文大統領に助言…「最大の目標は友情…THAAD共感表示を」

2017年06月27日08時48分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  文在寅(ムン・ジェイン)大統領が26日、元駐米大使らに諮問した。文大統領は29-30日(現地時間)に米国でトランプ大統領と首脳会談を行う。これを控えてこの日午前、駐米大使を務めた李洪九(イ・ホング)元首相、韓悳洙(ハン・ドクス)前首相、韓昇洲(ハン・スンジュ)元外務部長官、洪錫ヒョン(ホン・ソクヒョン)韓半島フォーラム理事長、梁性チョル(ヤン・ソンチョル)元議員、李泰植(イ・テシク)元外交部次官、崔英鎮(チェ・ヨンジン)元外交部次官を青瓦台(チョンワデ、大統領府)に招請し、1時間半ほど懇談会を開いた。

  まず文大統領が「具体的な事案の成果を出すことにこだわらず、トランプ大統領との友情と信頼を築き、これを土台に韓米同盟強化の基盤を固め、北核問題解決のための共同案を議論する予定」と述べた。

  これに対し出席者は「虚心坦懐な対話を通じて首脳間の友情と信頼を築き、これに基づき韓米同盟がよりいっそう発展していく基盤が用意されることを期待する」と述べたと、青瓦台の朴洙賢(パク・スヒョン)報道官は伝えた。

  このほか「具体的な懸案の議論より同盟の意味と重要性を浮き彫りにする方向で、より大きな枠組みでの協調の基盤を固めるのが望ましい」「北核問題解決と韓半島(朝鮮半島)平和定着のための関連国との協力案など両首脳間の大きな共感の形成を期待する」「最も大きな目標は友情を深めることであり、最初の首脳会談であまりにも多くのことを期待するのはよくない」という助言があった。

  高高度防衛ミサイル(THAAD)配備問題については「トランプ大統領が(THAAD問題を)話す可能性があるため、そのような話が出てくれば共感を表現するレベルで答えるのがよい」と複数の出席者が助言したという。

  トランプ大統領の心を開くアイデアも提示された。洪錫ヒョン理事長は「トランプ大統領の家族を(来年2月に開催される)平昌(ピョンチャン)冬季オリンピック(五輪)に招請すれば喜ぶだろう」と述べた。また、李泰植元次官は「SSレーンビクトリー号を慶尚南道巨済市(コジェシ)に展示すれば、韓米同盟を象徴する意味で青少年に良い教育になる」と話した。韓国戦争(朝鮮戦争)中だった1950年12月の興南(フンナム)撤収当時、避難民を乗せた「SSレーンビクトリー号」は米ロサンゼルスから1時間の距離にあるサンペドロ港に停泊している。

  元大使らの助言を聞いた文大統領は「成果に大きな欲を出さず、トランプ大統領との友情と信頼を築くことに注力する」という言葉を繰り返した。

  これに先立ち文大統領は23日には、文正仁(ムン・ジョンイン)大統領統一・外交・安保特別補佐官と林東源(イム・ドンウォン)元統一部長官、洪翼杓(ホン・イクピョ)共に民主党議員を青瓦台に呼んで夕食会を開いた。青瓦台の関係者は「林元長官は金大中(キム・デジュン)政権当時に2回、韓米首脳会談を準備し、(首脳会談の)成功と失敗の経験を持つ」とし「文特別補佐官は最近米国を訪問し、現在の雰囲気を最も正確に知っているため、必ず会わなければいけない人」と伝えた。
韓国語で読む
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事